どこを目指して英語を勉強している?英語がペラペラとは?

英語を学習している人なら誰しもが憧れるいわゆる

『英語がペラペラ』

っていうやつ。

ところで、

英語がペラペラってどういう状態?

英語がペラペラってすごい抽象的で、実際にどうなれば英語がペラペラって言えるんやろか?

そんな疑問って持ったことないですか?

僕は結構考えていたりしました。

「まぁ、そんなこと考える前に英語勉強せえよ」って話ですが、

実際、目指すところがわかっていないと、どのように勉強していいのかわからないもので。

実際、やみくもに英語を勉強したり、TOEICを受験し続けたりして、

自分の目指す『英語がペラペラ』という状況に近づけているのかは疑問ですよね。

そこで、今回、僕たちが漠然と目指していた『英語がペラペラ』という状態を自分なりに考えたので、シェアしたいと思います。

 

英語がペラペラとは!?

まず、よく言われているのが、

英語を英語のまま理解し、英語のまま発信する。

っていうやつですね。

まぁ、僕も最初はこれやなと思って、勉強していました。

でも、ある日洋書を読んでいる時に、

「あれ?英語を特に日本語に訳さずに読んでるなぁ」

と、気づきました。

それだけでなく、ネイティブの友達と話しているときに、

英語を介さずに、頭で英語を組み立て、英語を話しているなぁ

とも、気づきました。

だから、

「よっしゃ!んじゃ、いわゆる英語を英語のまま理解し、英語のまま発信してるやんけ!俺、英語ペラペラやん!!」

とはならず…

逆に、自分の想像していた英語がペラペラの世界とは全然違い、落ち込みました。

思考と言語化の一致!!

はい、当時は解決していたと思っていた英語がペラペラっていう状態。

また、その謎にぶち当たったわけで。

この問題は、結構は長く考えていたわけですが、ある日道を歩いている時に、ふと答えが降りてきました。

それが『思考と言語化の一致』です。

僕たちは思考するとき、無意識に言語化しているときがほとんどです。

例えば、「昨日何してたの?」と聞かれたときに

「昨日は、実家に帰って、犬の墓参りをして、服屋に服を見に行って、コンビニでお菓子を買って帰って、飯食って、寝た。」

みたいに答えます。

その答えるとき、言語化するのと思考にタイムラグがなく、一致しています。

他にも、心の中で考え事をしているとき、

その思考は言語化されていて、思考をわざわざ言語化している感覚というもはないはずです。

たまに、言葉が出てこないときもありますが、そのときでさえ、「あの言葉なんやっけ?」っていう思考と言語化の一致が行われていますよね。

僕たちは、思考を行う際に、言語による思考システムのようなものが構築されているんじゃないかと思います。

そのシステムがあるので、「思考しようとする」のと同時に「言語化する」ということが自然に行われるわけです。

だから、僕たちがめざすいわゆる英語ペラペラというものは、

英語での言語の思考システムを脳内に作って、英語における思考と言語化を一致している状態

であると、僕は結論付けました。

まぁ、言われてみれば与え前なわけで、日本語においてやっていることを英語ですればいいだけなので。

でも、大事なのは自分にしっくりくること。そして、その状態になるために工夫して勉強すること。

だと思っています。

「なんとなく」という言葉はすごく使い方が難しいもので、

「自分の感性を信じること」と「何も考えないこと」は違います。

考えた上で、自分の感性を活かすというのが正解やと思います。

だから、英語学習においても、目標や方法論を考えた上で、どれを選択するかというところは自分の感性に従えばええんじゃないかなと思います。

はい、最後は少し余談となりましたが、英語学習における目標

英語がペラペラとは、英語における思考と言語化を一致させる

と、僕は考えました。

この考え方がおもろいと思った人は、コメントをください。

または、メールにおいても感想・質問・誹謗・中傷なんでも受け付けております。

okamoto0712s@gmail.com まで。

岡本が、100%が読み、120%返信します。(タイムリーさは欠ける恐れあり…)

岡本が運営してます無料メルマガコミュニティ

『Earth People × Earth Language』への参加はこちらから

*信頼性のあるコミュニティ運営を心がけています。
 あなたのプライバシーをしっかりお守りします。

英文法の大切さ。から、英語学習を通して人生を豊かにしようや!まで。

『日本人という枠を超えて、地球人へ。』そんな英語学習者が集まる無料メルマガコミュニティ。

 

p.s. 今回の記事がおもろいと思ってくれた人に、同じ系統のオススメ記事を載せておきます。

ハガレンのゲシュタルトの記事は、なかなか好評ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です