国語が苦手な人が英語の成績を上げる方法

『国語ができない』

理系にありがちな絶望的に国語ができない。
それに付随して、英語の成績までも低いというのはよくあることだと思います。

僕もそんな一人でした。

どれくらい苦手だったのかというと、
小学校の塾で国語のテストの点数は、クラスでビリは当たり前で、
塾全体で下から2番目(いわゆるブービー)が定位置でした。
ちなみに、塾全体のビリは毎回違う人が取っていたので、僕が実質のビリとかいう噂も…w
それほど、僕は国語が苦手でした。

国語については、小学生の頃から苦手だったので、自己解決していました。
でも英語は、中学校で同時に勉強し始めるのに、
周りと比べてなぜか成績が低い、というのが当時の僕は受け入れられませんでした。

そして何より
国語ができる(流れで意味を推測する文脈判断やそれっぽい日本語訳を完成させる文章構成力)がある人は、
単語力や文法力がなくても、模試などでそれなりに良い成績をとってくることが癪でした。

「国語力が無いことでめっちゃ苦労してきたのに…。算数や理科でカバーするのどんだけ苦労したと思ってんねん。ここにきて、また国語力のせいで英語までできへんのかよ」

 

そのストレスがピークに達した時、
『絶望的な国語力でも英語の成績を伸ばしたるわ!』
そう決心して、国語が苦手なやつがどのようにしたら英語ができるようになるのか?
このことにフォーカスして、英語を勉強を開始した中学2年生の夏でした。

 

国語が苦手な人の英語の勉強方法

こんにちは。okamotoです。

というわけで、今回は
国語が苦手でそのせいで英語の成績も伸び悩んでいるという人に向けて、
国語が苦手なヤツがどのように英語の点数をもぎ取っていくか、について書きたいと思います。

では、前置きはもう十分そうなので、早速本題に移って、
国語力がないために英語の成績も伸び悩んでいるという人に僕がオススメしている勉強方法を紹介します。

それは、英文解釈を徹底的にするということです。

英文解釈とは、その英文がどのような構造になっているか理解することです。

例えば、

Many people seem to have built their lives around the notion that they are in some way indispensable to children, and to question this is to attack the very center of their being. 

京都大

といった英文がある場合、

  • どれが主語で、どれが述語か。
  • どの単語がどれを修飾しているのか。
  • 目的語はどれか。

などなど、上の文章をちゃんと文法的に説明できるか?というのが英文解釈です。

では、
なぜ国語力が無い人が英文解釈を徹底的にすべきなのか?
国語力無い人にとって武器になりえるのか?
これらについて考えてみます。

英文の透明性をあげる

僕が思う、国語力のある人の一番の強みは、
理解できない不明瞭なところを、理解できる点から結びつけ、理解できるようにする力が優れていること
だと思います。

例えば、上の京大の文章ですが、
上の文章で使われている単語というのは、結構簡単です。
単語があまり難しいというわけではありませんが、英文の構造としては特徴があります。

しかし、国語ができる人というのは、
この構造が説明できなくても意味が読み取れたり、日本語に訳す際になんか正解の綺麗な日本語に辿り着いたりします。

しかし、日本語が苦手な人にほそれができません。
少なくとも僕はできませんでした。
そのわからないところを補う能力が国語が苦手な人は低いのです。
では、どうすればいいのか?
それは構文としてわからないところを失くせば良いのです。

上の文でいうと、
to不定詞の中に現在完了形があるから、時制が一個前だな、
in some way は、SVCのVとCの間に挿入されているな、
などなど、英文の構造をしっかり理解することで、英文のクリアさが格段に上がります
英文をクリアにして、極力文章を理解しやすいように噛み砕いてあげればいいんもです。
まさに、不透明な部分を補う国語力が無いのであれば、その不透明な部分を失くすという方法です。

そして、国語力のない人のもう1つの特徴は、うまく日本語訳ができないということです。
もしかしたら、僕のブログを読んでいる人の中には、こいつの文読みにくいなって感じている人がいるかもしれませんw
まさにそれです。
その日本語を構築する能力の低さもまた、
解釈を徹底的にクリアにすることで、拙い日本語でも減点されにくい解答にすることができます。

このように英文解釈を鍛えることによって、国語力の無い人の弱点である

  • 不明瞭な点を補うこと
  • 綺麗な日本語訳にすること

をカバーすることができるのです。

英文解釈は総合力である。

さて、英文解釈が、日本語が苦手な人の救いの手となる、ということがわかってもらえたところで、
英文解釈ってどうやって勉強してけばいいのか?ということについて説明に移ります。

英文解釈の参考書を読んでいるとわかることですが、
英文解釈って英語の総合力演習なんですね。

初めに、英文解釈とは文法的に説明できることと述べましたが、
文法的に説明するためには、文法を知っていなければいけません。
また、単語の用法を知っていなければ、文がどのようにつながっているのかはわかりません。
take it for grantedという用法を知っていれば、
このitは何を指しているのだろう、ということで悩む必要も無く、逆に内容を解釈するヒントになります。
単語や熟語の使い方の理解度の向上にもつながります。

中学校から英語の勉強を開始し、英文法を学び、単語を覚え、用法を理解し…と学んできた英語の総合演習が英文解釈なのです。

それを聞くと、英文解釈をすれば英語の成績が伸びるのも理解してもらえるとは思いますが、
英文解釈に力を入れて授業をしている学校もなかなか少ないのかな、という印象を受けガチです。

 

話が少し逸れてしまいましたので、戻しますと、

この英文解釈の演習って国語力がある人がなかなかしないというのも、
国語力が無い人の武器になり得る理由でもあります。

国語力がある人って、ある程度できてしまうので、他の部分に力を入れがちなんですね。

しかも、テストで英文解釈を間違えた時でも、なんとなく
「あー、読み違えてしまったなぁ。でも次はできそうだな」
で終わってしまうという傾向があります。

でも、この英文解釈ってある程度パターンがあるんですね。
なので、やっておくだけで英語の癖みたいなもの自体がわかるんです。
そこを強化することで、英語の成績を安定化させる、むしろ差をつけるっていうのが作戦です。

英文解釈を学ぶことは将来の自分にも繋がる。

最近の受験英語において、英文解釈の難易度は下がってきています。

東大のように英文の情報処理能力・速度を重視する内容のテストを取り入れる学校が増えてきているんですね。
さらに、「受験英語を4技能に」という流れもあることから、さらに英文解釈の存在感は薄くなるかもしれません。
(重要性や成績に繋がることは変わらないのですが)
でも、英文解釈は受験英語で武器になり得るだけでなく、大学に入った後にも生きるということ、学生のみなさんに理解してもらいたいんですね。

受験英語をやっても英語は話せるようにならないという話はよく聞きます。
それはまぁ当たり前ですw
というのも、そもそも大学受験の英語の目的は、大学で教授の下で論文を読み書きできるようになるためにあるからです。
最近、職業訓練所と化してしまいがちな大学ですが、そもそもは学業をする場です。
そして、その学業を形にする方法が論文なので、
大学に入るテストが、その論文を読み書きする能力があるのかを図る内容であるのは当たり前のことです。

旅行に行った時に英語で買い物ができるか?のテストではありませんw
そういった類の英語は自分で身につければ良いというわけです。

僕は大学で活躍するにおいては、受験時に英文解釈をきちっと学んだ学生であると思っています。
センター試験の問題を反復練習することで、問題傾向を掴み、高得点を取った学生ではなくて、です。
そういう大学受験の本質を考えた上でも、英文解釈は重要であると考えています。

 

ファッション留学にならないために

また、最近、語学留学が珍しくない世の中にはなりました。

留学経験者は、ある程度は英語を話せるようになり、帰ってきますが、
ファッション留学になりがちなのも事実です。

「文法が間違ってても伝わるからとりあえず話すべきだよ!」

その主張は僕も賛成ですが、
間違った英文のまま成長欲も失って、話すメンタルだけ強くなるメンタリストになってしまってもいいという訳でもありません。
もったいないですよね。

日本で英語を意識していなかったけど、
大学でなんとなくかっこよく見えるから留学に行ってみる。
留学にいけば英語はできるものやろ、という認識で留学する。
就活に有利そうだからとりあえずいく。

その流れが強い気がします。
その行動力は大好きですが、やはりもったいない気がします

日本にいる間に下地を作って留学にいく、という方法も視野に入れてみては?
と思ってしまうんですね。

回りくどい言い方になってしまいましたが、
英文解釈が英語の総合演習であることを考えると、
中学・高校という期間にしっかり英文解釈を学ぶことは、
将来、大学で留学という選択肢が視野に入った時に
海外での高い成長率につながる、ということを僕は知っておいて欲しいのです。

英文解釈のオススメ参考書

ここまで英文解釈について、
珍しく熱く語ってしまいましたが、
では、どのような英文解釈の参考書がオススメなのか?

最後に英文解釈のオススメ参考書を紹介して終わりにしようかと思います。

先の文で書いたように、大学受験として英文解釈の問題の難易度は易化しています。

情報処理能力に重きを置かれている流れを汲み取ると、
今までのようなめっちゃくちゃ難しい参考書が必要なのは、一部の大学だけであるとは思います。

そんな現在の傾向では、基本的な所をカバーしつつ、応用も効く汎用性の高いものをやるべきだと思います。

ということで、僕がオススメしているのは、

大学受験のための英文熟考 上 (熟考シリーズ)

大学受験のための英文熟考 (下) (熟考シリーズ)

です。

オススメの理由は、汎用性の高さ、これを基盤に英語そのものの底力が押し上げられる点、そしておもろい、といった所でしょうか。
ほとんどん大学受験生はこの一冊で十分だと思っています。
CDがついていて、あの有名な竹岡先生を聞きながら復習が簡単にできるというのも、良い点でしょう。

まぁこの一冊で、だいたいの受験問題の英文構造が理解できるようには思います。
もし、京大や慶應(文)のような英文解釈が難しい大学を受けるという人は、

英文読解の透視図

がオススメですね。
内容を見てみると、英文塾考の難しい版で、内容的にもかぶっている部分が多いので、
演習って感じで英文熟考の次にやることをオススメしています。

この英文読解の透視図が難しいと感じたら、その前に、

英文解釈の技術100 (大学受験スーパーゼミ徹底攻略)

を先にしてみると良いですね。

また、見ている人にいるのかわからないですが、
もし大学生で家庭教師になって、高校生に英語を教えることになり、
英文解釈について深く語りたいという方がいましたら、

思考訓練の場としての英文解釈(1)

思考訓練の場としての 英文解釈(2)

思考訓練の場としての英文解釈 (3)完結編

を読んでみると良いと思います。
この界隈で一番難しいと言われており、且つ良書です。
全3巻からなっています。

受験生には必要ありません。ここまでやるのは、もう志望校合格が決定しているほど成績がよく、
他にやるものが無いという方だけです。

はい、以上が僕がオススメしている参考書です。

他にも良書はもちろんたくさんあるのですが、
あまり多く紹介しても混乱だけですし、
そして、現在の受験の傾向を汲み取るとこんな感じかなって感じです。

今回はあくまで、大学受験という点から英文解釈のオススメ参考書を紹介しました。
少し触れてように、家庭教師とかやり始めたらもっとたくさん参考書があるので、
その場合は、もっとやるべきだと僕は思いますね。

はい、では、今回は以上になります。

最後になりますが、
国語力がなくて英語ができないと落ち込んでいる人へ。
僕も絶望的に国語力がコンプレックス、何度も何度も足を引っ張られました。
でも、言い方は悪いですが、たとえ国語力がなかろうが受験英語ごときはなんとかなるものです。
僕の場合は、学生の頃、日本一英語が難しいと言われている京都大学(農学部志望)の京大模試で
英語の偏差値はだいたい70はありました。
だから、国語力はなかろうが、英語はできる。
自分の世界を狭めないで、もがき苦しみながらでも、英語の成績を伸ばしてやりましょう!

では!!!


今回も最後まで読んでくれてありがとうございます!

「この記事ええな!」って思えたら、また遊びに来てください!!!!
もっと深いイイ話が聞きたいという人は無料メルマガやってるんで、登録してみてください!

質問・感想なんでもお便り受け付けています。
メアド:okamoto0712s@gmail.com
もしくは、問い合わせフォームにて。

んじゃ!みんな、地球人として生きよら!

okamoto運営の無料e-zine


「英語学習を通して人生を豊かにする」を本気で体現しているやつらが集うメルマガ。
英語だけでなく、「学ぶ」ということにも焦点を当て、
『人生成長し続けてやるわ!』を追い求めて発信してます。
英語が好きな人はもちろんですが、英語が嫌いな人も楽しめるメルマガであると自負しています!

関連おすすめ記事

英語を話すために真剣に考えてみた:3つの意識すべきこと

2017.07.30

激安を超えた『0円セブ島留学』について調べてみた。画期的な仕組みを紹介!

2017.06.27

京大模試・阪大模試で英語の偏差値が70を超えるまでに使用した参考書

2017.06.25

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です