英語ゲシュタルトを構築!鋼の錬金術師から読み解くゲシュタルトの考え方

こんにちは。岡本です。
もうめちゃくちゃ寒いですね。
寒すぎて、一人用鍋を買って、一人で鍋をしている今日このごろです。
どうでもいいですねw

というわけで、

今日は、『全は1、1は全』という言葉について考えてみたいと思います。
はい、この言葉は、皆さんもご存知、
「鋼の錬金術師」(以下、ハガレン)の中で出てくる言葉ですね。

ハガレンの主人公の
エドワード・エルリック(エド)とアルフォンス・エルリックの兄弟が、
イズミ・カーティス(後に、二人の師匠)に弟子入りする際に、
イズミが、2人を弟子に取るかどうかを決めるのに、
この『全は1、1は全』という言葉の意味を考えさせるという課題を課したんですね。

しかも、無人島でサバイバル生活をしながら、です。
なかなか、激しいことをしてくるこの師匠ですが、
この『全は1、1は全』という言葉、
実は、言語学習においても、めちゃくちゃ大事な言葉なんですね。
結局、この二人が出した答えは、

「全は世界、1は俺(エド)」

です。

そうです、
この言葉が差しているのは、”ゲシュタルト”という概念です。

小学生の時に漢字練習帳に、漢字をたくさん描いてて、
漢字が変な感じに見えてくる現象を「ゲシュタルト崩壊」って言いますよね。
その”ゲシュタルト”です。

では、”ゲシュタルト”とは何か?

ゲシュタルトとは、”全体と部分が双方向に関係している”ということです。

例えば、テレビにめちゃくちゃ近づいて見てみると
赤と青と黄色の点になっています。
子供頃、誰しもが見たことがあるのではないでしょうか。
それぞれは単発の色で、意味は特にありません。
しかし、離れて見て見と、
しっかりと映像になっており、意味を持っています。

意味をなさない部分が、全体の中で意味を持って現れてくる
”ゲシュタルトを形成している”と考えるわけです。

もう一つ例を出して考えてみましょう。
「魚」という概念は、
鮎、マグロ、アジ、鮭などの種類の魚によって定義されているわけではありませんし、
「魚」という概念があって、それが個々の魚に当てはまるわけではありません。
それぞれの魚と、抽象度の高い「魚」という概念が、
双方向に関係して初めて成り立っているのです。
だから、見たことのない魚を見ても、それが魚だとわかるのです。
これがゲシュタルトの力です。

ちなみに、エルリック兄弟の出した
「全は世界、1は俺」というのは
世界というものがあるのは、自分の存在があってだし、
自分というものがあるのは、世界があってのもの。
双方向に関係性が存在して、成り立っているものですよね。

この考えに、子供の段階で、
しかも、無人島で気づく、エルリック兄弟は、
ほんまに天才ということですね。

はい、漫画の話をこの辺にして、
このゲシュタルトですが、
母国語において、知らず知らずのうちに形成されているのは、
感覚的にわかると思います。

例えば、観察する、視察する、監査する、検査する、目視する、目の当たりにする、
ような言葉たちがあります。
この言葉たちの抽象度の高い言葉は何でしょう?
そうです。
「見る」ですね。
全部、「見る」という言葉と関係しています。

このようなゲシュタルトは、母国語において、
自分たちは経験的に学んで、形成してきています。

しかし、英語学習において、
このようなゲシュタルトの広がりを意識して、
学習している人は少ないのではないでしょうか。
そこが、日本語と英語の対訳学習の悪いところですね。

日本語には日本語のゲシュタルトが広がっているのと同様に、
英語には英語のゲシュタルトが広がっています。
もちろんですが、その広がり方は異なります。

今後、英語を学習する際は、
このゲシュタルトの広がりについて意識してみるのがいいと僕は思います。

このゲシュタルトの形成については、
メルマガ登録特典の単語の勉強の仕方のまとめに通づるものがあるので、
すんなり理解できたのではないでしょうか。

メルマガ(無料)に登録していない方は、こちらから登録できます。

はい、今回は以上になります。
久しぶりに、ハガレンを読んでみて、
その勢いで、記事を書くというやつでした。

では!!!


今回も最後まで読んでくれてありがとうございます!

「この記事がええな!」って思ってくれたら、また遊びに来てな!!!!
もっと深いイイ話が聞きたいという人は無料メルマガやってるんで、登録よろしく!

質問・感想なんでもお便り受け付けています。
こちらまで:okamoto0712s@gmail.com

みんな、地球人として生きよら!

ー岡本の無料メルマガー

『言語を学ぶことは世界を広げること』
『人生をもっと自由におもろく』
を目的とした英語学習メルマガ。英文法から世界の認識まで対応。

『メルマガ週末留学』

名前orニックネーム


だいたい週末発行、岡本が運営する無料メルマガです。いかに世界を広げる英語学習をするか!?
『地球人』として英語を学ぶ学習者の集まるメルマガコミュニティとして機能してます。

※メルマガ登録特典『単語の勉強の仕方まとめ』をPDFでプレゼント中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です