英語学習で、サイヤ人的に成長する方法。ヒトもサイヤ人も同じ説。

ヒトもサイヤ人も同じ!!!

はい、今回は、英語というよりは学習全般のお話です。
(結構、学習全般の話が多くなりがちなこの頃)
そして、短い目のショートストーリーです。
1分くらいでサクッと読めるようになっています。

さて、どういう内容かというと、
「あえて正解は見ずに、間違える」
って話です。

人といういうのは、
過去の体験をベースに思考すると言われています。
そして、もっと言うと、
人は過去の経験の中でも特に『失敗』から学ぶと言われています。

特別大きな成功体験でない限り、
失敗の方が印象深く残っています。
というのも、これは生命を維持するためだそうですね。

仲間が敵にやられたのを見ていて
同じ罠でやられていては一族すぐに絶望してしまいます。

そんなことから、人は失敗の経験の方が強く記憶に残るようになっているんです。
「テストで2択で悩んだ時に、大抵間違えるなぁ」って感じるのも、
間違った方の記憶が残りやすいからです。
また、トラウマが消えにくいって言うのもそれですよね。

一般に、失敗というとマイナスなイメージが持たれがちですが、
人は失敗から成長するようにできていると思って見ると、
失敗もなかなか悪いもんじゃない気がしてきます。

一度やられたら強くなる。
サイヤ人と同じですね。
(鳥山明先生もこのことがわかっていて
サイヤ人を設定したとか、しなかったとか…)

このことを踏まえると、
日頃の学習にワンポイントの工夫ができると思います。

それは、『文章を書くときに確かめない』ということです。

間違えても良いから書ききる

例えば、テキストの英文をノートに書くとき、
文章の途中で、教科書を見返し、正しい文を確認していませんか?
そうではなく、一気に書いてみるのです。
たとえ、間違ったとしても大丈夫ですので。

具体的には、
Can I help you with something?
という文章をテキストからノートに書写すときに、
Can I help you…
(…あれ、この次なんだったっけ…)
と思って、テキストを見るのではなく、いいから最後まで書いてみる。
Can I help you IN something?
と一度で書き切り、
『うわっ!INじゃなくて、WITHか!』
という肯定を経て、
消しゴムで消して
Can I help you  with something?
と、こんな流れで文章を完成させる癖をつけてください。

このように、日頃の勉強に、ふんだんに『失敗』を盛り込んで行きます。
別にわざと間違えなくてもいいですよ。
その代わり、自分に素直に書いてみようということです。
先に述べた通り、人は失敗から学ぶようにできています。
多少非効率に思えたとしても、
結果的にちゃんと成長する方法を選択するんです。

ちなみに、このやり方は、
ドラマなどのセリフをノートに書き留めるときに
特に有効な手段となるのでお試しを。

はい、今回の内容は以上です。
なかなか短かったとは思いますが、
大事な内容ではあるかなと思ったので、今回の記事にまとめてみました。

では!!!


今回も最後まで読んでくれてありがとうございます!

「この記事がええな!」って思ってくれたら、また遊びに来てください!!!!
もっと深いイイ話が聞きたいという人は無料メルマガやってるんで、登録してみてください!

質問・感想なんでもお便り受け付けています。
メアド:okamoto0712s@gmail.com
もしくは、問い合わせフォームにて。

んじゃ!みんな、地球人として生きよら!

ー岡本の無料メルマガー

『言語を学ぶことは世界を広げること』
『人生をもっと自由におもろく』
を目的とした英語学習メルマガ。
”英文法”から”世界の認識”まで対応した広守備範囲でお送りしております。

『メルマガ週末留学』

名前orニックネーム


だいたい週末発行、岡本が運営する無料メルマガです。いかに世界を広げる英語学習をするか!?
『地球人』として英語を学ぶ学習者の集まるメルマガコミュニティとして機能してます。

※メルマガ登録特典『単語の勉強の仕方まとめ』をPDFでプレゼント中。

関連おすすめ記事

英文法マニアがおすすめ英文法書を1冊選ぶとしたら。

京大模試・阪大模試で英語の偏差値が70を超えるまでに使用した参考書

TOEIC600を超えるのに必要な参考書<3冊で十分>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です