【クイズあり】音象徴を意識することで、単語を効率的に覚える方法

いきなりですが、クイズです。

下にAとBの2つの図形があります。
片方の名前は『キキ』
片方の名前は『ブーバ』です。
どちらがどっちだと感じましたか??

 

 

 

はい!

皆さんは、

Aを『キキ』、Bを『ブーバ』だと感じませんでしたか??

当たっていません??

これは、98%のヒトが上のように答えるらしいです。

 

しかも、日本だけでなく世界中で、老若男女関係なくです。

不思議ではありませんか??

尖った方が『キキ』、丸みを帯びたものが『ブーバ』と答えるようです。

実はこれは
キキ・ブーバ効果って言われているもので

ヒトは、
「K音から始まるものに鋭さ」を
「B音から始まるものに鈍さ」を感じるようになっているみたいです。

このことを利用して、
車のメーカーなどは、わざと車の名前にK音を入れるみたいですね。
クライスラー、クーペ、クラウン、カローラ、クロスオーバー、コルト…

その他にも、

S音は『水』に関するものが多かったり。

水泳、しぶき、雫、浸水、など
英語では、ocean, sea, swim,sprinkler…
といった感じです。

上の例は、人種で共通な感覚のものでしたが、
実は音によってどのような印象を持つかは、基本的には言語によって違うと言われています。

ちなみに、ある音を聞いて、ヒトがどのようなイメージを持つかについての関係性を『音象徴』と言います。

多分、多くの人は無意識にしているとは思うのですが、
音とイメージをつなげるということは言語学習では大事とされています。

そこで、僕が言いたかったことは
英語を学習する時、音の持つイメージを意識的に認識しよう
ということです。
特に単語の勉強の時ですね。

“pro”という接頭語は『前』というイメージ
”fess”は『言う』というイメージ
だから、”professor”は『前の方向に意見が言える存在:教授』のような感じです。

このような言われてみれば、
「”fess”っていう音って『言ってる感じ』だなぁ」
とか思えてきましたでしょ?w
「”confess”ってめっちゃ言ってる感じやん」ってなりましたか?w

日本人なら、
『しらが』と音で聞いて、なんとなく「白い」をイメージする感じ。
『しら』という音が『白い』を想起させますよね。

日本語で考えて感覚的に理解できたと思いますが、
言語特有の『音象徴』を意識してみるのは言語学習に非常に大事です。
なおかつ、面白いです。

丸暗記ではなく、結構感覚で覚えていくものではありますが、
意識すると身につくのも早くなるものだと思います。
新しい単語を覚えるのにも役立ちますし。

今まで、音とイメージを意識していなかったなら、
これからの学習に少しこの意識を取り込むという工夫をしてみてはどうですか
結構、やってみると、音とイメージを繋げるのって楽しいものですよ。

はい、今回は以上になります。

では!!!


今回も最後まで読んでくれてありがとうございます!

「この記事がええな!」って思ってくれたら、また遊びに来てください!!!!
もっと深いイイ話が聞きたいという人は無料メルマガやってるんで、登録してみてください!

質問・感想なんでもお便り受け付けています。
メアド:okamoto0712s@gmail.com
もしくは、問い合わせフォームにて。

んじゃ!みんな、地球人として生きよら!

ー岡本の無料メルマガー

『言語を学ぶことは世界を広げること』
『人生をもっと自由におもろく』
を目的とした英語学習メルマガ。
”英文法”から”世界の認識”まで対応した広守備範囲でお送りしております。

『メルマガ週末留学』

名前orニックネーム


だいたい週末発行、岡本が運営する無料メルマガです。いかに世界を広げる英語学習をするか!?
『地球人』として英語を学ぶ学習者の集まるメルマガコミュニティとして機能してます。

※メルマガ登録特典『単語の勉強の仕方まとめ』をPDFでプレゼント中。

関連おすすめ記事

”moon”を『月』だと思っている人は読むべし!

英文法マニアがおすすめ英文法書を1冊選ぶとしたら。

京大模試・阪大模試で英語の偏差値が70を超えるまでに使用した参考書

TOEIC600を超えるのに必要な参考書<3冊で十分>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です