週末留学(ブログ版) 第0日目 <4時間目> 地球人として英語を学び、地球人として生きるおもろさ

〜週末留学第0日目〜
<1時間目>すべての学習の基礎となる『抽象度』という概念
<2時間目>英語がペラペラとは!?思考と言語化の一致
<3時間目>人は言語も世界も知っているものしか認識できない
<4時間目>地球人として英語を学び、地球人として生きるおもろさ←なう

はい、”週末留学”第0日目もいよいよ最後の4時間目となります。

4時間目の内容は、

地球人として英語を学び、地球人として生きる』

 

ということについてです。

 

「地球人ってw 俺ふつうに地球人やしw」

って、まぁなると思いますw

でも、ほとんどの人が地球人としてではなく、日本人としての枠で生きていると思います。

「当たり前やんけ!」ってめっちゃ苦情が聞こえてきそうですが、

そうです。僕たちは日本人です。

国籍がどうこうというわけではなく、

”思考” が日本人だけになりがちなのです。

もっというと、 “認識している世界” が日本人だけなんですね。

 

というのも

『人間は、言語を介して世界を認識している。』

からなのです。

 

例えば、

満天の星空を見て、綺麗だなと感じるのも、

かつて、星空というものは綺麗である、という言葉を受け入れており、

その言葉を通して、綺麗だなと思考することができているということです。

 

僕らの思考は、

かつて受け入れた言葉によって形成されています。

受け入れた言葉による世界が広がっているのです。

つまり、日本語を話す日本人には、

日本語の世界が広がっているのです。

 

そのように考えると、

言語というのは、ただのツールではなく、

感性の一部であり、世界を認識するフィルターのようなものとなるのです。

 

さらに、言語そのものに注目しても、

太宰治の「人間失格」の世界観を他言語で伝えるのは不可能っと言っていいですよね。

日本語を話す日本人にしか理解できないというのは直感的にわかるとおもいます。

 

このように言語というのは、世界の一種なのです。

では、このような考えの基、

言語学習である英語の勉強というのはどういうものなのかというと、

  • 新しい世界の構築
  • 世界を認識する新たなフィルターの形成
  • 感性を磨く
  • 自分の世界を広げる

ということにあたるのです。

 

僕たち日本人は、日本語を通して世界を見てきました。

そこに英語を学習することにより、

新しい視点を手に入れるのです。

僕はこれを地球人に近づくと考えます。

どういうことかというと、

僕たちは、生まれてくる前は、何にでもなれました。

無ですね。

逆に、無限かもしれません。

そして、人間として生まれてきました。

この瞬間、僕たちは、世界を純粋に見ることができたかもしれませんね。

いわば地球人です。

そして、日本人として日本語を学び、日本人としての思考が完成していきます。

そのように、日本人としての世界が形成されましたが、

そこに英語学習を入れると、

自分たちに新たな世界を形成することができるんじゃないか!

それが地球人に近づくということです。

 

そこで、僕は地球人に近づくということを。

『自分の世界を広げること』と定義したわけです。

このように考えると、

英語学習以外でも、人は世界を広げることができると思います。

芸術であったり、スポーツであったり、勉強であったり、恋愛であったり、音楽であったり、書道であったり、ナンパであったりするかもしれません。

 

このように、自分の世界を広げることができれば、

それらの行動全ては地球人に近づく行動となり得るのです。

では、世界を広げるとはどういうことなのか。

僕は、主に、2つあると思います。

 

それは、

  • ストコーマを外す
  • 地球人のコンフォートゾーンを持つ

ということです。

 

スコトーマは、3時間目でやりましたね。

心的盲点のことであり、人が認識できない部分のことです。

簡単な例では、

同じ状況にいても、

これは人生の終わりだと見える人と、かなりのビジネスチャンスだと見える人がいます。

人生の終わりだと思う人は、その状況のチャンスの部分が見えていない、

つまり、スコトーマになっているということです。

 

メンタリストのDaiGoが、

「自分の夢を毎日紙に書きましょう。そうすれば、本屋に行ったときに目に入る本が変わってくる」

と言っていますが、

これはスコトーマを外す1つの手段ですね。

普段、何気なく生きていると、本屋に行ったときにジャンプや漫画にしか目に入りません。

しかし、毎日自分の夢を紙に書き、自分に刷り込むことによって、

スコトーマが外れ、

本屋に行ったときに、興味が湧く本が変わっており、なぜか目に止まるということが起きるのです。

これがスコトーマが外れる一つの例です。

抽象度が上がるということですね。

高い視点から物事を見ることができているということです。

スコトーマを言語にして考えてみると、

僕たちは、日本語を介して世界を認識しているということでした。

つまり、日本人のスコトーマがあります。

これは日本語を話す僕たちにとっては仕方のないことです。

(もちろん、日本人がみんな全く同じストコーマを持っているというわけではなく、人により異なります。)

そこで、英語学習をすることで、日本人のスコトーマを外そうってことです。

日本語のフィルターの他に英語のフィルターを持ち、世界を見ると行った感じですね。

これが世界を広げるの1つ目です。

 

次に、2つ目の、『地球人のコンフォートゾーンを持つ』に移りますね。

コンフォートゾーンは、最近は一般的に使われ出してきていますが、

簡単に言うと、心地よい空間です、

簡単というより、そのままになってしましましたねw

要するに、自分がその場にいて気持ちよいと感じている空間のことです。

さらには、人が無意識に引き寄せられる空間ということになります。

 

例えば、部屋を片付けられない人がいます。

部屋を綺麗にしたとしても、次の日にはまた散らかってしまいます。

この人は、一般的に部屋が汚いのは良くないことだと思いながらも、

部屋が散らかっている空間が心地よいのです。

つまり、コンフォートゾーンが部屋が汚いになっているのです。

部屋が汚いがコンフォートゾーンになってしまっているので、

友達が家に遊びに来た時に部屋を片付けたとしても、

次の日には、もう散らかってしまう、ということです。

 

今の話からわかるように、

コンフォートゾーンから抜け出すのは、とても難しいことです。

少し変えようと思っても、すぐに引き戻されてしまうからです。(この力をホメオスタシスといいます)

しかし、コンフォートゾーンを変えることはできます。

慣れもその一種です。

反復ですね。

 

しかし、一番は、自分のゴールをどこに設定するかです。

そして、”自分が、そのゴールに向かっているということを、いかに強く実感できているか”が大事になってきます。

そこで、日本人という枠を超えて、地球人として生きていくというゴールを設定し、英語を学習していこう!というわけです。

 

英語学習をトリガーとし、アンカーに地球人としてのコンフォートゾーンとするのも良いですね。

そうすると、英語学習をすることで、自然と地球人のコンフォートゾーンが強化されていくわけです。

英語勉強している時に、

「ああ、地球人になってってるわー」

「今日はかなり地球人になったわー」

と実感しながら、英語学習をするんですね。

 

でも、アンカーとして地球人のコンフォートゾーンを設定するということはわかったけど、

そもそも地球人としてのコンフォートゾーンってどうゆうことやねん?となりがちが、

それは人によって異なってくると思います。

それぞれの世界が広がっているわけですから。

 

しかし、地球人は、

いかなる時でも最高の自分でいることのできる、いわば地球上全てが自分のコンフォートゾーンである

と、生きることはみんなに共通しているんじゃないかなと僕は思います。

地球に生きているのに、そこで緊張したり、ネガティブになったりする必要はないということです。

自分には無理だ!とか自分には才能がない!など、自分を悲観することはやめて、

セルフエフィカシー(自己効力感)を高く持って、堂々と生きようってことです。

また、世間一般の認識にとらわれず、自分の価値観に基づき、一度の人生を自由に生きるということです。

 

さて、ここまでで、

地球人というものがどういうものかわかってもらえたと思います。

最後に、地球人としての英語を学ぶマインドセットについてです。

あなたは、英語と日本語を同じ全く違う言語と考えて英語を学びがちです。

いや、違う言語やろ!

ってなると思いますが、

では、

『関東弁と関西弁は同じ言語ですか?』

微妙ですよね。

『同じ日本語だし、同じ言語やろ』 

と思う人もいれば、

『いや、関西弁って変なアクセントやし、語尾とか変だし、方言で知らん言葉使うし、違う言語だよ』

とか、関東の方で、聞こえてきそうですねw

 

でもまぁ、多分同じ日本語と考えた人が大多数ではないかなと思います。

文法も基本的には同じですし、

特に、アメリカ人やインド人、ブラジル人の人に取ったら、

『そんな些細な差やん‼』

同じ日本語やろ!

となるわけです。

 

ここで、もう一度、日本語と英語について考えてみると、

もちろん文法も違いますし、音の出し方も違います。

僕たちは日本人として頭が凝り固まっていると、違う言語として、自分から”分離”させてしまうんですね。

全く遠くのものを学ぶとして、心の距離を作って、英語を学んでしまいがちです。

でも、

”もし、火星人がいれば、「地球人は一つの言語を話している!」と言うだろう”

という、有名な言葉があります。

ノーム・チョムスキーの言葉ですね。

なんで一つの言語やねん?ってなると思いますが、

地球人の言語は、基本的に”主語”というものがあり、”動詞”というものがあり、”目的語”というものがあり…

と、奇跡とも思えるほど、地球上の言語には共通点が多いのです。

 

僕たちは、日本人の視点として外国語として見ていたため、

自分の外側のものとしてとらえ過ぎて、

外国語の習得を難しく考えすぎていたのかもしれないです。

日本人としての視点から、地球人としての視点に上げてみれば、

自分の中に作っていた外国語学習のハードルがぐーんと、下がると思うんです。

日本人が関西弁と関東弁を見る感覚で、

地球人として、日本語や英語さらには、他国の言語を見てみれば、

英語を習得するのに自ら作っていたメンタルブロックを破れると僕は思います。

 

まぁ、

日本語も英語も同じ地球の言語やん。

親戚みたいなもんよ。

みたいな感覚ができれば、OKですw

以上が、地球人として、英語をまなぶ上でのマインドセットでした。

 

はい、週末留学第0日目4時間目の授業もこのへんで終わりです。

最後は、地球人という考え方を英語学習に導入し、

単に学ぶんじゃなくて、自分の世界が広がっているという感覚を持ちながら、

英語を学ぼうよってお話しでした。

初めは、”for 地球人” の感覚でもいいですが、自己実現の考えからいうと ”to 地球人” の考え方の方が良いです。

英語学習者なら、知っている方も多いかもしれませんが、

“for”は、単なる「方向性」だけを示しますが、

“to”は、「到達地点まで辿りつく」ことを示す前置詞です。

go to 〜は〜まで辿りつくことまで指しますが、

leave for 〜は、〜に向けてその場を離れたことのみを指し、実際にたどり着くかまでは言及していません。

つまり、僕たちは、to 地球人の感覚で英語学習をすべきなのです。

はい、このくだりが必要だったのかは、さておきw

 

ここまで読んでいただいてありがとうございました。

以上が、週末留学第0日目の内容となります。

 

0日目の内容を読み終え、

あなたが何気なく歩き出すその一歩が、

地球人としての第一歩となることを、祈っています。

 


地球人として生きる英語学習メルマガコミュニティ(無料)
「Earth People ✖️ Earth Language」
登録はこちらから

*信頼性のあるコミュニティ運営を心がけています。
あなたのプライバシーをしっかりお守りします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です