「はじめまして。悠々自適なノマドライフを送っているokamotoです。」


負け犬が情報発信で人生を軌道修正した方法
『人生ノマド化講座』 第1回


「PC1台、好きな場所で生きる。」

okamotoのLINE@の友達追加ありがとうございます。

 

はじめまして。okamotoです。

一通目ということで、めっちゃ簡単に、

自己紹介やら、活動理念やら、話させていただきます!

 

今、僕は情報発信でノマドしていますが、

ノマドになる前は、ふつうに外資系企業で会社員として働いていました。

そこは世間一般に言われるホワイト企業で、

きちんと残業代も出ていましたし、

というか、そもそもそんなに残業もなかったし、

それでいて、そこそこの給料が貰えていました。

 

上司も人格者だったので関係性も悪くなく、

会社を辞めた後も一緒に飲みに行くくらい、良好な関係が築けていました。

 

要するに、

一切、社会の荒波に揉まれることなく、

平々凡々な会社員ライフを送っていたわけです。

 

まぁ世間の成功者がこういう話をする時って、

「ブラック企業で、長時間労働・過重労働を課せられて、上司からパワハラを受け、人生酷されていました!でも◯◯を始めて人生が変わったんです!借金は全額返金、タワマンに住んで、美人な彼女ができ、肌もスベスベに!」

みたいな、

雑誌裏の胡散臭い数珠の広告のような物語がされがちですが、

僕はそんな苦労話も、シンデレラストーリーも、持ち合わせてませんw

まぁあっても言いませんが . . . 。

 

とにかく僕が働いていた企業は会社として何の問題もなく、友人からも羨ましく思われる、そんな恵まれた労働環境でした。

 

これだけだと、

ただのホワイト自慢になってしまいますが、

「なぜ、そんなホワイト企業を辞めたのか?」

ってところですよね。

 

勿体ぶらずに言うと、

それっていうのが、当時、

僕がそのホワイト企業で働いている時間、

朝9時から夕方5時の間は “恐怖” しか感じていなかったから、ってなわけです。

「このまま死ぬのは、嫌や…。」

文字にするとアホっぽいですがw

ですが、当の本人にとっては生きた心地がしないほどに絶望を感じまくり. . . 。

 

休み時間は上司や同僚と楽しく話せるのに、

いざ労働しはじめると、

ただ、ただ、 “人生を浪費” している。

そう感じてしまうんです。

 

結局、1年以上働いて理解したのですが、

労働中に恐怖や絶望を感じるのは、

仕事=人生の切り売り、という働き方をしていたから

時間を対価にお金を得ている感覚、
命を削ってお金を稼いでいる感覚、

そんな感覚を持っていたからやと。

そう気づいた頃には、

次の日が嫌すぎて眠れず、

2時間睡眠で通勤するようになっていました。

 

まぁぶっちゃけこんな話は、

不健康自慢やメンヘラ発言みたいで、

「正直、ちょっとキモい」と思う派なんが、

お恥ずかしながら、

思っていたよりも僕は繊細さんだったようですw

 

じゃぁ、こんな状態から、

なぜ僕が今、ブログやLINE@でこうした発信をしているのかと言うと、

『人生の浪費から脱出し、自分の価値観を体現する働き方・生き方を選択することによる人生の満足感と充実感』

を発信することで、

  • 人生を切り売りすることでしか稼げない自分が情けなくてたまらない人
  • 他人の価値観を体現した、大衆化された人生に絶望感を抱き続けている人
  • 理想とするライフスタイルが諦めきれず、毎日、悶々と悩み苦しんでいる人

世間的にはごく少数のそんな人たちに、

人生が変わるきっかけと希望を与えられるように、

そして、理想的なライフスタイルを、確実に、着実に、堅実に実現していけるように。

 

ざっくりまとめると、

「そんな人らが集まる場があれば、人生めっちゃ楽しくなるやろ!!」

シンプルにそう思った次第でございます。

 

ということで、

じゃぁ、そんなこんな僕が、

「これを読んでくれている人たちに、何が提供できるのか?」

と言うと、以下の2つ。

1つ目は、

PC1台で経済的に自立したノマドになるための具体的なビジネス構築法、とその臨場感を身につけてもらうことで、半永久的に自分のビジネスでノマドする実力をしっかり養ってもらうこと。

2つ目は、

大衆化されたモブキャラ人生ではなく、心の底から理想とするライフスタイルを確立していく体感とセルフイメージを獲得してもらい、人生の主人公として自分の価値観を体現した人生を歩み始めてもらうこと。

これら2つを同時並行的に達成・実現してもらう。

まぁつまりは、

“人生の切り売りから脱するビジネス構築”

“人生の浪費から脱するライフスタイル確立”

をしてもらう、ということですね。

 

で、ここまで話して今更感がありますが、

「なぜ、僕がここまで “人生の切り売り” や “人生の浪費” を目の敵にしているのか?」

と言うと、

その理由が、そもそも僕は、

“死ぬのが怖いと思う派”

だからなんですね。

 

「なんやねん、その派閥?」
「死ぬのが怖いとか、みんなそうやろ!」

という声が聞こえてきそうですがw

ちなみに、

特に死ぬのが怖いと感じる性格を『タナトフォビア(死恐怖症)』と言うらしく、

まぁ仰々しい名前がついてますが、

「高所恐怖症」とか、「閉所恐怖症」とか、そんな類のやつです。

 

「なんでもかんでも名前を付けたがるなぁ」

と思いつつ、話を戻すと、

僕は死ぬのが怖いと思うがゆえに、

“人生の時間を大切にしたい願望がめっちゃ強い”

ということが言いたかったんです。そう、こっちがメイン。

 

ですがまぁ実際問題、みんなもそうだと思います。

やっぱり、時間が死ぬほど大事ですよね?

「金と女と酒があればいい!!」
「プール付きのデカい家に外車と白い犬が幸せの象徴!!」

みたいな、バブル時代をこじらせた価値観は、もはや今は昔。

 

人生の本質は “時間” なのだから、

「どんな時間を、誰と、どこで、何をして過ごすのか?」

が人生なわけです。

結局、人生は時間に集約される。
お金は時間を充実させる手段の1つでしかない。

そう考えた時に、

たとえホワイト企業で働いていようが、

ブラック企業で働いていようが、

はたまた起業家やノマド、フリーランスであろうが、

さらにはタナトフォビアであろうが、なかろうが、

「人生で1番大切な時間を切り売りしている限り、みんな生き地獄やんけ!」

と、猛烈に思うわけです。

 

まぁそれもこれも、

僕自身がそこで鬼悩みしてきたという背景があるからでw

「月曜から金曜までを早く過ぎろ!」

と考えるのは、寿命を縮めているのと同じ。

何よりも貴重な寿命を切り売りして稼ぐのは、僕にとっては “恐怖体験” でしかなかったっていうことです。

 

だから僕は別に、

「清貧思想やミニマリストになれ!」
「現状が幸せに思えるようになれ!」

なんて言うつもりは全くありません。皆無です。

むしろ、
「バリバリ資本主義的な思考で勝負したるぜ!」
という考えですし、

もはや、
「現状に満足するな!」
「貪欲になれ!」
「欲しいものは自分で勝ち取れ!」
くらいに思っています。

 

これらを前提とした上で、

『人生を切り売りせずとも、経済的に自立する以上のお金を自分で稼ぎ出す実力を身につけてやれ!』

と主張しているわけです。

 

じゃぁ、

「そもそも人生の浪費になってしまう原因は何なのか?」
「何が悪いから、人生を切り売りせざるを得なくなるのか?」

おのずと論点はここにたどり着きますが、

これについては肉声で説明した方がわかりやすいので、

ここで、

『第1回 ノマドビジネス攻略動画セミナー』

をお送りしたいと思います。

 

全5回(5日間)からなる、

『ノマドビジネス攻略動画セミナー』では、

上記の疑問解決と併せて、

あなたがPC1台で悠々自適にノマドすることを目的とした、

“ノマドが構築すべき情報発信ビジネスの方法論”

について、論理的かつ具体的に解説していきます。

 

動画セミナーを受講してもらうだけで、

世間一般に言われる「初心者から中級者レベル」は優に越すことができるので、

少なくとも最初の5日間だけはしっかりとご受講ください。

難しいところもあるかもですが、

何事にも “初めて” は存在するもんです。

ビジネス初心者の方もしっかりと学んでみてください。

 

それでは、第1回目をどうぞ!

→『第1回ノマドビジネス攻略動画セミナー』はこちらからどうぞ!

特に初回の内容は、

これから先、ビジネス構築も、ライフスタイル実現のベースとなる考えなので、

ぜひとも、まず最初に、今すぐ、ご覧ください!

. . . 。

はい、いかがだったでしょうか?

この内容を踏まえて、僕が言いたいことは、

「ノマドはライフスタイルと一体化したビジネス構築をすべきである!」

ということです。

ライフスタイルはただの生活様式ではなく、あなたの価値観や成長軸に則ったもの。

その方がやり甲斐があるし、充実感があるということはもちろんのこと、

まぁ、楽しいですよね?

 

もっと言うと、

僕は「ノマド」という言葉を、ただの、

“オフィスではなく、カフェやワーキングスペースで働く人たち”

という意味で使っていません。

 

それ以上の意味を付与し、生き方レベルにまで消化して、

自分の価値観を体現した働き方・生き方を実現し、そのために必要な実力を身につけていく人たち

と再定義しています。

 

ノマドするなら最低限、これくらいにはなってもらわないと!

と思いながら発信していますし、

もちろん、ここにも明確な理由があります。

 

もし仮に「ただ、稼げればいい!」という価値観でいくと、

フリーランス的な発想、同じ枠組みになってしまいます。

 

今の時代、個人でも余裕で稼げます。

博打のような稼ぎ方やしょうもないビジネスは論外ですが、

たとえば “好きなことを仕事にする” なんて普通だし、

スキルがあれば十分な仕事が取れるほど、プラットフォームは充実してるし、

最悪、個人でも時間を切り売りするような働き方が可能です。

 

ノマドなんて何も珍しくありません。

 

ですが、その価値観だと、

かつて「夢追い人」と持て囃された「フリーター」と同じ末路を辿ることになりかねません。

というか、多くはそうなるはず。

 

というのも、

いつの時代も、流行の裏側には黒幕がいます。

“仕掛けているヤツら” がいるってことです。

 

「フリーター」と言う言葉を流行らせたのが、

リクルートのアルバイト情報誌『フロム・エー』であるということを考えると、

自社の情報誌を盛り上げるために、

あたかも「フリーター」という生き方が時代の最先端であるかのようなトレンドを作ったと言うことができますよね?

 

ということは、

「フリーランスという言葉を流行らせているのは誰なのか?」
「これからは “個の時代” だと誰が言い出したのか?」

簡単に犯人が分かると思います。

 

犯人という言葉を使うと、

ワルモンのように聞こえますがw、

別に全くワルモンというわけではなく、

むしろ新しい生き方を提案してくれている、イイモンです。

ここは誤解してはいけません。

 

自分たちにとって1番大事な今という時代に、1つの選択肢を提供してくれているわけですから。

雁字搦めなステレオタイプから抜け出すこともでき、僕らは恩恵しか受けていないわけです。

 

ですが、

「夢追い人」が「夢老い人」となった過去から学んだことを活かすとすれば、

フリーランスという選択肢が与えてくれた新しい価値観や生き方の良い部分だけではなく、

それを流行らせている「プラットフォームの存在」と「雇われていない下請けという現実」も、十分に理解しておく必要があります。

 

もちろん、フリーランスだけに限ったことではありません。

個人の働き方全般に言えます。

 

・他者依存
・スキルや技能の陳腐化

こんなリスクを抱えている現実から目をそらさずに、真っ向から直視した上で、

半永久的に、死ぬまで個人で生きていくために、

自分のビジネスを構築する力としての “実力” を高めていかなければいけません。

労働力として商流の最下層に位置している場合じゃありません。

 

だからこそ、僕が言うノマドは、

フリーランスやフリーターとは違う領域で語っていて、ましてや、小遣い稼ぎや副業ニュアンスでもありません。

つまり、飽くまで「起業家」の範疇で言及しているということです。

スキルや技能もその視点から語られるべき、ということです。

 

ただし!

起業家といっても、大きな企業や巨大な組織を作るという目的ではなく、

“理想のライフスタイルを体現する起業家”

という路線であって、

(もちろん、世界を変えてやろう!なんて野望は微塵も持っておりませんw)

なおかつそこには、

スモールビジネス(年3,000万以下の規模感)であっても、

フリーターやフリーランスにはない、

“自分自身のビジネスシステムを所有する”

という人生における絶対的優位性を獲得する、というミッションがあるわけです。

自分の商流を作る側になる、ということですね。

 

その上で、海外でも国内でも好きな場所に住めばいい。

旅しながら稼いでもいいし、大切な人と過ごしながら働いてもいい。

もはやそれは “おまけ” レベルになるわけですw

 

どんなライフスタイルを選択しようと、

「自分のビジネス」と「自力でビジネスを構築する力」を持っているから、安心感と安定感が違いますよね?

 

「個の時代」と呼ばれるようになって久しいですが、

未だに個人で生きるのが不安だと感じるのは、実力をつける視点なしに稼ぐ手段だけを探しているから。

フリーランスやフリーターの延長線上のような思考だからです。

 

もちろんのことですが、

・仮想通貨で億万長者
・新ビジネスで他者を出し抜く

そんな欲望丸出しの稼ぎ方を追っていても、

「これで脱サラして大丈夫なのか?」

そんな将来に対する不安が拭いきれる日なんて一生来ません。

来るはずがないですよね?

 

だから、僕は、

ビジネス構築力という確固たる実力を以て、自分の価値観を体現できる生き方を選択する起業家としてのノマドを流行らせる黒幕になってやろう!

そんな風に考えているわけです。

 

まぁ、黒幕というのは半分冗談ですし、

ノマドを流行らせる気もないですw

それはシンプルに、全員が全員できることでもない、と感じているから。

 

というのも、そこには、

受験勉強や引退試合くらいの熱量が必要であって、

今の御時世、そんな熱量を持った人間、特に大人が、そこまでいないという悲しき現実がありますw

 

でも裏を返せば、

「それくらいの熱量があれば達成できることなんやで!」

と言えます。

 

だから、

「ノマドになりたい人は、ノマドになればええやん!」

ぶっちゃけ、これが僕の本音です。

でもそれゆえに、

ノマドになりたい人にとって、めっちゃええ環境を作ろう、

そう決め込んだ所存です。

 

そもそも論ですが、

人生レベルで働き方に悩んだことのない人や、

自力で稼げないことが情けないと思ったことのない人にとって、

“自分の価値観を体現した上でビジネス構築する、ライフスタイルと一体となった働き方”

なんて、鼻で笑うものでしかありません。

99.9%の人が嘲笑するはず。

 

実際、一流企業で働いている地元の友人らは、

「あぁ、エリート街道から外れたんやろな。」

「受験に失敗して挫折したんやろな。」

「うん、人生の負け犬やな!」

と、思ってそうです。

 

ですが、

“それこそが他人の価値観でしかない”

ですよね?

 

まぁ実際に僕は、

世間一般的に考えると、

「人生の負け犬街道を大爆走中!」

でした。

 

でも、ぶっちゃけ、今は、

僕は彼らの数百倍は自由に生きていますし、
自分のライフスタイルは自分で確立できるし、
価値観を体現した上で働けています。

まぁそんなマウントを取る気もありませんがw

 

だから何が言いたいのかと言うと、

0.1%の人、いや0.01%かもしれないけど、

今、まさに人生を浪費していると悩み、苦しんでいる人に向けて、

「自分の価値観を体現した働き方・生き方という選択肢もあるで!」

と、発信しているということです。

 

ノマドという生き方を再定義した時、

つまりは、

自分のビジネスを確立する方法論と理想のライフスタイルに到達するまでの道のりを理解した瞬間は、

「俺の人生でやるべきことは、これやぁあああああ!!!」

と、興奮して目がギンギンになり寝不足が悪化しましたw

 

だから、今この内容を読んで、

「目が冴えてきました!」
「別の意味で目が覚めました!」

という人は “ノマドの素質あり” です。

この先の配信やコンテンツで寝不足になる可能性大なので、

カモミールティーやめぐりズムなど、快眠グッズを準備した上でお読みいただくことをおすすめします!

 

もちろん、

「ノマドの素質」というのは、

センスとか、感性とか、そんな意味でもそうですが、

それ以上にビジネス構築で重要となってくる、熱量や情熱という意味合いが強いです。

 

あ、だからと言って、

根性論や精神論を唱えるつもりはありません。

ド理系、ゆとり世代、温室育ちの僕は、そういった類のやつは大嫌いですw

 

だから「実学」という拘りを持っていることから、

情報発信ビジネスを構築するのに熱量が才能やスキル、コンテンツ力よりも重要である、

ということについても本コンテンツを進めることで確実に納得してもらえるはず。

 

少しだけ話すとすれば、

ビジネス構築という視点を持つと、実績とかコンテンツ力勝負という土俵ではなくなります。

ぶっちゃけ、これから始めるジャンルでもいけちゃうくらい。

もちろんコンテンツ力があるに越したことはないですし、実績があれば有利に働かせることもできます。

ですが、最重要事項ではないんです。

 

だって、

ジョブズはiPhoneを組み立てられないし、イーロン・マスクはロケットを作れませんよね?

もっと言うと、予備校の校長は授業しません。

つまり、そういうことなんです。

 

個人ビジネスでもまったく同じことが言えるということで、おべんちゃらではなく、事実として、実践的で、根拠があり、論理性のある話を展開していきます。

 

僕の配信やコンテンツには、

◯情報発信ビジネスとはなんぞや?
◯好きな得意をビジネスに繋げるためには?
◯個人でビジネスをするにはどんな知識を身につけなければならないのか?
◯自分の価値観を体現したライフスタイルを確立するためには?
◯他人を魅了するコンテンツを作るにはどうすればいいのか?
◯あなたが商品を売るために身に付けなければいけないスキルとは?
◯コンテンツ力がなくても収益を発生させるモデルの理解!
◯型に当てはめ、自分自身のビジネスを構築するメンタリティ!
◯情報発信ビジネスで半自動で収益を発生させるシステムの作り方!
◯ゼロから凡人が自分のビジネスで収益を獲得するまでの流れ!
◯個人が絶対的に実践すべきマーケティングの手法!
◯「集客→教育→販売」がうまく機能する方法論!

・・・と、ここには書き切ることはできませんが、

個人ビジネス・情報発信ビジネスに特化したコンテンツで、実体験ベースで配信していきます。

 

今後の配信およびコンテンツ、企画、すべてをお楽しみにしておいてください!

 

P. S.

僕もまだまだ発展途上です。

というか、とどまるところを知りませんw

だから、一生に成長しまくってやりましょう!

 

もちろん、会社員の頃と比べると、

「人生の自由度は爆上がりした!」

と言えますが、

当初の目標である「ハワイに住むこと」はまだ実現していない。みたいな部分もあります。

 

ですが、それ以上に、

視野が広がることによって、新しい目標もどんどん増え続けるんです。

 

『ゴールはいつでも変更して良い。』

ということが自己実現やコーチングの常識である理由を、まさに今、現在進行系で身を持って体感しているってことですね。

 

なので、

今、あなたが持っているゴールも、歴としたやりたいことに間違いないですが、

ですが、現状の自分が見ている世界なんて、ほんの一部に過ぎません。

成長するかぎり世界は広がり続ける。

でもだからこそ、できることは、1つずつ実現するための実力を付けていくことだけ。

 

で、その過程で、

今よりも成長した自分が見つけた新しいゴールなんて、オモロそうに決まってますよね?

というか、面白過ぎるんです!w

 

他人の成長軸を爆走していた時に感じていたような、人生で退屈している暇はなくなります!

 

なんやかんや、そんなこんなで、

気がつけば、

「つまらない時間を送ることの対価が収入なんや」

みたいなくだらない考えそのものは、消え去っていました。

 

だからまずは、最初の一歩として、

人生の切り売りと浪費から脱するビジネス力を身につけ、理想を体現していく実力を獲得していってやりましょう!

 

一歩でも、動けば景色は変わります。

 

ということで、

明日、明後日は、あなたが経済的に自立すべく、

「ビジネスシステムを構築するために必要なこと」

について共有します。

これからビジネスを始める人にとっては、

今日の100倍役立つ内容であることはもちろんのこと、

興味深さは1,000倍以上ということをお約束いたします!

 

※本内容に関するご質問やご感想は、そのまま僕のLINE@に返信する形でお送りください。全部、僕が読ませていただきますし、僕の時間が許す限り、丁寧に返信させていただきます。

アウトプットの場としてもどうぞご活用ください!

 

■ 全5回のノマドビジネス動画セミナー

→『第1回ノマドビジネス攻略動画セミナー』はこちら!

 

■ okamotoの情報発信講座
『自立自走ノマド養成講座』はこちら!