『英語であそ部』イベント開催&「〇〇の前で英語を話したがらない日本人」

こんにちは。

英語ノマドのokamotoです。

今回はイベントの告知とそのコンセプト共有ということで、
前置きは無しで、本題に入っていきたいと思います。

日本人は◯◯の前で英語を話したがらない

先日、アメリカに住んでいる友達と話している中で
『日本人はスピーキングに必要以上に苦手意識を持っている』
という話になりました。

アメリカに住んでいても
そう感じるところがあるんですね!

まぁ日本にいても
『日本人って人前で英語を話したがらない』
という印象を持ちがちです。

そして、

特に日本人が英語を話したがらない相手
って誰だと思いますか?

彼との話の中では
『実はネイティブスピーカーではないよね!』
という話になりました。

日本人が一番英語を話したがらない相手
『日本人』だよね!と。

日本人って、
日本人の前で英語を話すのが結構、嫌なんです。

そして、僕もこの気持ちが死ぬほどわかりますw

もう学生の頃からですね。

学校の英語の授業中、
英文をみんなで読む時は声を出したくないし、
問題を当てられて英語を発音する時は
わざとカタカナ発音で発音していました。

英語の発音を頑張るのって
思春期の男の子にとっては恥ずかしいところがありますよねw

自分で英語を話すハードルをあげてしまう

その延長で
日本人の前で英語を話す時って
恥ずかしさのようなものを感じますよね。

そして、それは大人になっても引きずって
日本人で英語を話したくないのは
英語を勉強しているからこそ、
なお強くなったりします。

英語を勉強しているがゆえに
キレイな発音をしていないと恥ずかしい。

むしろ、きれいな発音できないのに、
英語学習者を名乗れない、みたいな。

友達に
「お前英語の勉強しているのにその程度かよ」
って思われたくない。

よく言えばプライド
悪く言えばかっこつけ
普通に言えば『メンタルブロック』ですね。

さらに、最近では

ディスられたくない。

ということが入ってくるかと思います。

最近は下手なことを発言できない環境ですよね。

Twitterでマウントを取ってくる人。
Youtubeで有名人の英語をディスっている人。

彼らにどうしても目がいってしまいます。

気にしなくても良いとわかっていても、
気にしてしまって、勉強の邪魔に感じたりw

彼らを気にしないようにしていても
なんか自分で自分のハードルを上げてしまいますよね。

『拙い英語を人に見せたくない。』
『ださい自分を見せたくない。』
『英語を勉強しているがゆえにかっこいいところを見せたい。』

こんなプライドも、邪魔です。

(プライドがあるから頑張れる部分もありますが、
過剰に持ちすぎるのは良くないですよね。)

もちろん僕たちは有名人でもなんでもないので、
公開処刑のようなディスられ方をするわけではないですが

『少しもディスられたくない』
というのは正直なところ。

「友達に茶化されてるんじゃないか?」
「自分より英語をできる人に馬鹿にされるのではないのか?」
そして、
「かっこ悪い自分を人に見せたくない。」

《ディスられるのではないかという恐怖》

《かっこ悪いところを見せたくないというプライド》

もうこの2つのせいで、

英語を楽しめない自分になってしまいがちです。

メンタルブロックを乗り越えたい

これらのメンタルブロックって無い方がいいんじゃないか!

英語を勉強する上で窮屈さなんか感じたくないですよね。

というわけで、提案です!

みんなでこのメンタルブロックを辞めません?

おそらく英語の講師や重鎮たちからしたら、
この提案は「逃げやろ!」ってディスられる可能性があります。

英語ができない奴らの逃げ道

そう言われるかもしれません。

たしかに

  • 英語はぺらぺらである方が良い。
  • 発音はキレイな方が良い。

そりゃそうです。

ただ、物事には順序があって、

  • そのレベルに至らないと英語を話したらあかん。
  • 発音がきれいじゃないとプレゼンしたらあかん。

そんなこと言い出したら

誰も英語話せないし、プレゼンできへんやん!

別にそれを諦めたわけではなくて、

ただ、今の環境が窮屈すぎるねん!!!

と言いたいだけなんですね。

そもそもこの窮屈さがない方が、日本人の英語の成長しそうですよね。

のびのびと英語を勉強できる方が

結果的に全体の英語力の向上に繋がると思っています。

メンタルブロックを外した方がええな、と思う理由は

たくさんあるわけです。

まとめますと
『この窮屈さを取ろう!
 ほんじゃぁ、
 まずは日本人が日本人の前で英語を話すメンタルブロックを
 取り除くイベントを開催したらええやん!』

ということになったんですね!

『英語であそ部』

日本人の前で英語を話そう
って言われたからと言って
例えば、路上ライブみたいに
いきなり道に出て英語をはなせ!
では、ハードルが高すぎます。
そんな荒行はしたくありませんしw

かといって、
みんなで集まり、
5分間英語のスピーチをするっていうのも目新しさにかける、
そして、結局、抵抗ある人のハードルを
うまく下げれてはいないのかなと思います。

無駄に上がってしまっているハードルを下げるため
自然と英語を話してしまう環境を作りたいなと。

というわけで、

みんなでCARDS AGAINST HUMANITYをしよう!!!

というイベントをします。

『Cards Against Humanity』

って何かというと

アメリカのパーティーゲームです。

海外でめちゃくちゃ流行っているらしくて

アメリカ人の友人もカナダ人の友達も大絶賛していました!

「こんなおもしろいゲームはないよ!」
「生きてきた中で一番エキサイティングなゲームだね」
「日本で流行っていないなんて人生損しているよ」

とのことw

どんだけおもろいねん!www

ちなみに、このcards against humanity ですが、
日本語では「人権侵害ゲーム」と言われています。

そんなにやばいゲームなのか?というと
そこまでですです。

ルールとしては
お題が与えられて手持ちのカードで答えを作る大喜利みたいな感じですね。

一番、おもしろい、
もしくはうまい答えを作った人にポイントが入る
といった感じです。

例えば、
お題:In 1000 years, when paper money is but a distant memory, ______ will be our currency.

答え
Aくん:Whiteman’s scalp
Bくん:Breaking out into song and dance
Cくん:Concealing a boner
Dくん:The blood of Christ
Eくん:Former President George W Bush
Fくん:Fiery poops
Gくん:Children on leashes

この中から親が勝利を決めるという流れです。

ちなみに、動画内ではGくんがこのポイントを取っていました!

このように少し不謹慎であるためこのような名前のゲームになっているということです。

このゲームが爆流行するって日本人からしたらどうなの?

という感じはあるかもしれないですが、

現に流行っているのだからやってみましょー!

まぁ説明を言葉でされるより

映像で見たほうが早いと思うので

海外のyoutuberらしき人たちが

楽しそうにプレイしている動画を

テキトーに選んで載っけておきますので

そちらを見て頂くと、だいたいのノリは分かると思います。

■ Youtube動画

まぁyoutube動画を見た方はこのゲームを選んだ理由はわかっていただけているかと思いますが

このゲームを今回の企画に選んだ理由としては

  • 海外で鬼流行っているということでぜひともやっておきたい。
  • 単語がまぁまぁむずくて勉強にもなる。めっちゃ話さないといけないわけではないのでハードルは低め。
  • カードに出てくるのがアメリカの人物の名前とかなので、こいつ誰やねん?みたいな楽しさもある
  • 楽しそう

などなどですね。

まぁこうゆうパーティーゲームって海外にはたくさんあるんですが、
このカードゲームは話す量が比較的少なくても進めることができるんじゃないかなと
いうことで、初回にちょうどいいのかなと思います。

ゲームをやることが目的であって
英語を話すことが目的ではないというズラシをしながら、
もう英語で楽しんじゃおう!

という作戦です。

というわけで、

英語を学ぶのでもなく

英語で学ぶのでもなく

『英語で遊ぼう!』企画です。

称して『英語であそ部』ですね!

前述した内容と被りますが

日本人同士で英語を話すのって照れくさいところもあります。

でも、僕たちは英語を話すのが目的ではなく

このパーティーゲームをしたいだけやと!

ただパーティーをしているだけですw

まぁ、こんな言い訳をして、乗り切りましょ!

晩ごはんとなるような

食べ物と飲み物を用意していますので、

みんなでワイワイできればと思っています。

そして、これを読んで英語力、
特にスピーキング力が足りていないから厳しいな
と感じた方がいるとすれば、
参加しましょ!

まさしく、そういう方に向けての企画ですので。

まぁ英語力が足りているか、足りていないかでいったら
僕も足りていないでしょうw

でも、そんなの気にしない。

先に書きましたように
メンタルブロックを辞めましょー!

かっこつけず、ださい英語を率先してokamotoが話していくので、
どんどん話せる日本人になってやろう!

また、今回の企画には
Co-hostにtravelHER運営のあずささんも参加して頂きますので、
旅好きという方もぜひ!
あずささんのHP:travelHER

というわけで、今回の企画の詳細は以下の通りです。

英語であそ部イベント詳細

内容:Cards Against Humanity
日時:11月25日(日)17:30〜20:30(21時には完全退室)
場所:東京のJR日暮里駅近くのレンタルスペース(詳細はご参加の方にお伝え致します)
会費:2000円〜2500円(場所代と食べ物・飲み物を割ってこのくらいになるかと)
定員:先着10名まで(5名以上で決行)
応募期間:2018年11月20日24時を目処に締め切らせて頂きます。
応募方法:応募リンク(こちらのリンクよりお問い合わせください。)

はい、というわけで、
今回はリアルイベントの告知でした!

今回の内容に関して何か質問がございましたら、
気軽にokamotoまでご連絡頂ければと思います!
もちろん、それ以外のお話でも構いません。

連絡先:okamoto0712s@gmail.com

okamotoが時間が許す限り
100%読ませて頂き、120%返信させていただきます。


人生の負け犬だった僕は、毎月300万円を売り上げてノマドになりました。

「仕事は我慢」
「いかに感情を押し殺すかのゲーム」
「月曜から金曜まで早く過ぎろと思って生きる」
「しょうもない時間を過ごす対価が給料」
「お金は人生を切り売りして稼ぐもの」
「憧れのライフスタイルは諦めなければいけない」

超保守的かつビビリの僕は、

 “他人の価値観” を上手く体現することが人生だと思っていました。

しかし、それは全くの間違いでした。

 

人生は単なる『選択』でしかなく、

思ってたよりも5,000倍は自由でした。

それでも会社員のままじゃ自由を享受できないし、理想のライフスタイルも実現できない。

だって、経済的に自立するだけでなく、

時間を生み出し、生きる場所を自由化するためには、

 “自分自身のビジネスシステム” を持つ必要があるからです。

 

そう気づけたおかげで、

今ではこうしてノマドライフが送ることができています。

もちろん、特に才能があったわけではありません。

むしろ文才は悲しいほどありませんでしたw

(ここだけの話、国語の成績は高校でブービー)

それでもノマドになれたのは目的に合った手段を常に選択してきたからです。

 

だからどんな人でも “適切な選択” と “正しい努力” さえ実践すれば、

経済的自立・場所の自由・時間の余裕を獲得できると確信しています。

僕がノマドになるまでの軌跡と行動理念は、下の記事に書きました。

5分で読めるのでぜひ読んでください↓

→ ただの大学生だった僕が、全くのゼロから経済的に自立し、場所も時間も自由なノマドになった軌跡

 

 

ブログ×SNSで
1,000万円以上を売り上げた

インフルエンサーでもない凡人が実践可能な
「情報発信の教科書」をあなたの元に!

 

あなたのLINEに
「情報発信の教科書」が届きます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 
(↑をクリック)