英語の成績を伸ばすワンポイント<サイヤ人的に成長する方法>

英文を書き間違えることにより理解する技

はい、今回は、英語だけに限らず、「学習全般」に関わるお話になります。
(結構、学習全般の話が多くなりがちな今日この頃)
というわけで、サクッといきましょう。
1分くらいで読めるかと。

では、どういう内容かというと、
「あえて正解は見ずに、間違える」
というドMとも捉えられる技術を紹介しようと思いまして。

というのも、人は、
過去の体験をベースに思考すると言われています。
そして、もっと言うと、
人は過去の経験の中でも特に『失敗』から学ぶと言われています。

特別大きな成功体験でない限り、
失敗の方が印象深く残っています。
というのも、これは生命を維持するためだそうですね。

仲間が敵にやられたのを見て
同じ方法でやられていては、
一族すぐに絶滅してしまいます。

そんなことから、
人は失敗の経験の方が強く記憶に残るようになっているんです。
「テストで2択で悩んだ時に、大抵間違えるなぁ」って感じるのも、
間違った方の記憶が残りやすいからです。
また、トラウマが消えにくいって言うのもそれですよね。

一般に、失敗というとマイナスなイメージが持たれがちですが、
『人は失敗から成長する』ようにできていると思って見ると、
失敗もなかなか悪いもんじゃない気がしてきます。

一度やられたら強くなる。
サイヤ人と同じですね。
(鳥山明先生もこのことがわかっていて
サイヤ人を設定したとか、しなかったとか…)

このことを踏まえると、
日頃の学習にワンポイントの工夫ができると思います。

それは、『英文をノートに書くときに一気に書き、教科書を二度見しない』ということです。

間違えても良いから書ききる

例えば、テキストの英文をノートに書くとき、
文章の途中で、教科書を見返し、正しい文を確認していませんか?
そうではなく、一気に書いてみるのです。
『二度見厳禁』とするわけです。
そして、たとえ間違ったとしても大丈夫ですので。

具体的には、
Can I help you with something?
という文章をテキストからノートに書写すときに、
Can I help you…
(…あれ、この次なんだったっけ…)
と思って、テキストを見るのではなく、いいから最後まで書いてみる。
Can I help you IN something?
と一度で書き切り、
『うわっ!INじゃなくて、WITHか!』
という工程を経て、消しゴムで消して
Can I help you  with something?
と、こんな流れで文章を完成させる癖をつけてください。

英文を誤記から学ぶ

このように、日頃の勉強に、ふんだんに『失敗』を盛り込んで行きます。
別にわざと間違えなくてもいいですよ。
その代わり、自分に素直に書いてみようということです。
先に述べた通り、人は失敗から学ぶようにできています。
多少非効率に思えたとしても、
結果的にちゃんと成長する方法を選択するんです。

文全体で理解する

この方法のもう1つ良い点は、
『英文を全体として自分の中に落とし込める』という点です。

英語の意味というのは、
『コンテクストの中にある』という大前提を考えれば、
理解して頂ける内容だとは思いますが、
最低限一文単位で意味を把握する練習でもあります。

「英文の意味はコンテクストの中にある」という話は
『英単語の勉強法。英単語の意味は「単語の中にあるのではない」』内に書いています。

英単語の勉強法。英単語の意味は「単語の中にあるのではない」

2017年5月27日

また、脳トレとしても
この方法は良いとされているので、
「記憶力が心配になってきた」という方も
ぜひ試してくださいね。

ちなみに、このやり方は、
ドラマなどのセリフをノートに書き留めるときに
特に有効な手段となるのでお試しを。

はい、今回の内容は以上です。
なかなか短かったとは思いますが、
大事な内容ではあるかなと思ったので、今回の記事にまとめてみました。

では!!!


人生の負け犬だった僕は、毎月300万円を売り上げてノマドになりました。

「仕事は我慢」
「いかに感情を押し殺すかのゲーム」
「月曜から金曜まで早く過ぎろと思って生きる」
「しょうもない時間を過ごす対価が給料」
「お金は人生を切り売りして稼ぐもの」
「憧れのライフスタイルは諦めなければいけない」

超保守的かつビビリの僕は、

 “他人の価値観” を上手く体現することが人生だと思っていました。

しかし、それは全くの間違いでした。

 

人生は単なる『選択』でしかなく、

思ってたよりも5,000倍は自由でした。

それでも会社員のままじゃ自由を享受できないし、理想のライフスタイルも実現できない。

だって、経済的に自立するだけでなく、

時間を生み出し、生きる場所を自由化するためには、

 “自分自身のビジネスシステム” を持つ必要があるからです。

 

そう気づけたおかげで、

今ではこうしてノマドライフが送ることができています。

もちろん、特に才能があったわけではありません。

むしろ文才は悲しいほどありませんでしたw

(ここだけの話、国語の成績は高校でブービー)

それでもノマドになれたのは目的に合った手段を常に選択してきたからです。

 

だからどんな人でも “適切な選択” と “正しい努力” さえ実践すれば、

経済的自立・場所の自由・時間の余裕を獲得できると確信しています。

僕がノマドになるまでの軌跡と行動理念は、下の記事に書きました。

5分で読めるのでぜひ読んでください↓

→ ただの大学生だった僕が、全くのゼロから経済的に自立し、場所も時間も自由なノマドになった軌跡

 

 

ブログ×SNSで
1,000万円以上を売り上げた

インフルエンサーでもない凡人が実践可能な
「情報発信の教科書」をあなたの元に!

 

あなたのLINEに
「情報発信の教科書」が届きます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 
(↑をクリック)