英語での新年の挨拶と新年の抱負の言い方/ New Year’s resolutions

あけましておめでとうございます。okamoto (DAGU)です。
昨年は、なかなか更新できない年となりましたのが心残りではありますが、
本年は、もっともっと更新していきたいと思います。
毎年言っている気がしますが。

はい、ということで、今回は
「新年」に関する英語の記事をばと思います。

新年になるとやたら聞かれるのが、「新年の抱負」です。

「新年の抱負」は英語では何ていうでしょうか。

英語で「抱負」は“resolution”を使います。

 

今年も”resolution”をやたら聞かれると思いますので、
ということで、今回は、新年の挨拶がてらに、
英語の新年の抱負の言い方にフォーカスしたいと思います。

 

新年の抱負の言い方

まず、最も単純に、自分の新年の抱負を伝えるには、

My New Year’s resolution is to do. (doにはいろいろな動詞の原型が入ります)

の形を使います。

例えば、僕の場合ですと、
My New Year’s resolution is to save money and take trips.
みたいになります。

ちなみに、
”to save money and to take trips”と”to”を重ねるのとどう違うのかというと、
前者のように、”to”を一つにまとめた時のは、話し手が一連の動作と思っている内容ということになります。

「お金を貯めて、旅に出るんだー」みたいな感じで。

後者のように、”to”を2つともにつける場合は、
話者が2つの動作を切り離して考えている時が多いですね。

 

はい、話が少し逸れましたが、その他の表現として、難しくは言わず、

I’m going to do this year. (doにはいろいろな動詞の原型が入ります)

 

先ほどの例でいうと、
I’m going to save money and take trips this year !
みたいになります。

中学生の英文法でも、新年の抱負は言えるということですね。
はい、続いては、相手に新年の抱負を聞いてみましょう。

新年の抱負の聞き方

基本手には、3パターンが主流みたいですね。

  1. What’s your New Year’s resolution?
  2. Have you made your New Year’s resolution?
  3. Do you have a New Year’s resolution?

難しいこねくり回した言い方とかは、初めはいらない派なので、
この3つを知っていればおkです。
どれも中学生レベルの文ですよね。
それに対する受け答えも、簡単で、

 1, To save money and take trips.
 2, 3, Yes, to save money and take trips.

と、これで十分です。

また、resolutionの他にも、”goals”を使う人もいるみたいなので、
もし、”goals” の方が出てきても、うろたえず、”resolution”と同じか!と
思っていただければと思います。

はい、というわけで、今回は新年の挨拶に関する英語でした。

中学生レベルの英文ですが、
「中学生レベルの英文を自由に使いこなすのは中学生レベルではない」
という罠がありますので、気をつけて練習してくださいね。

では!!!

『 退学→浪人→不合格→ラボ畜→社畜 を経験した “人生の負け犬” が脱サラし、時間の切り売りから経済的自立に至るまでに学んだ自分のビジネスの作り方 』を配信しています。

 

okamoto運営メルマガ『人生ノマド化講座』
“負け犬が人生を軌道修正した方法” が分かる!購読無料です。

okamotoのメルマガ
↓登録はこちら↓

 

[配信内容]
〜地球が職場となるノマドビジネス構築〜

・ゼロから個人がノマドになるには?
・個人が実践すべき合理性のあるビジネスモデル
・人生の切り売りから脱するノマドライフ
・場所の自由、時間の余裕、経済的自立の獲得法
・個人のリスクを減らしたビジネス構築法
・凡人でも提供できる価値の生み出し方
・現社会で個人が情報発信すべき理由
・自己成長と他者貢献が一致した働き方・生き方
・成功する人と失敗する人の違い
・稼ぐ人の視点と稼げない人が陥る落とし穴
・年収1,000万円超を稼ぐビジネスの規模感
・インフルエンサーでない凡人のための集客術
・DRMに基づいたビジネス構築のはじめの一歩
・ビジネス構築のロードマップ的なやつ


人生の負け犬だった僕は、毎月300万円を売り上げてノマドになりました。

「仕事は我慢」
「いかに感情を押し殺すかのゲーム」
「月曜から金曜まで早く過ぎろと思って生きる」
「しょうもない時間を過ごす対価が給料」
「お金は人生を切り売りして稼ぐもの」
「憧れのライフスタイルは諦めなければいけない」

超保守的かつビビリの僕は、

 “他人の価値観” を上手く体現することが人生だと思っていました。

しかし、それは全くの間違いでした。

 

人生は単なる『選択』でしかなく、

思ってたよりも5,000倍は自由でした。

それでも会社員のままじゃ自由を享受できないし、理想のライフスタイルも実現できない。

だって、経済的に自立するだけでなく、

時間を生み出し、生きる場所を自由化するためには、

 “自分自身のビジネスシステム” を持つ必要があるからです。

 

そう気づけたおかげで、

今ではこうしてノマドライフが送ることができています。

もちろん、特に才能があったわけではありません。

むしろ文才は悲しいほどありませんでしたw

(ここだけの話、国語の成績は高校でブービー)

それでもノマドになれたのは目的に合った手段を常に選択してきたからです。

 

だからどんな人でも “適切な選択” と “正しい努力” さえ実践すれば、

経済的自立・場所の自由・時間の余裕を獲得できると確信しています。

僕がノマドになるまでの軌跡と行動理念は、下の記事に書きました。

5分で読めるのでぜひ読んでください↓

→ ただの大学生だった僕が、全くのゼロから経済的に自立し、場所も時間も自由なノマドになった軌跡