絶対に個人がUSPだけで勝負してはいけない理由【個人ビジネスのマーケティング】

こんにちは。okamotoです。

今回は『個人が絶対にUSPで勝負してはいけない理由』について書いていきたいと思います。

USPとは?

USPとは?

USPとは「Unique Selling Proposition」の頭文字を取ったもので、

『自分(自社)オリジナルの強み』といった意味で使われます。

 

上のベン図からも分かるように、

「お客のニーズ」と「自社の強み」との重なり部分であり、なおかつ「他者が持っていない」ところ

になります。

 

マーケティングとしては、

「競合他社にはない自分独自の強みを理解し、それをお客さんに打ち出すことで商品を購入してもらう」

ということになります。

 

最近、マーケティングが学べる場が増えてきたということで、

USPという言葉が一般的になってきつつあります。

 

もちろんこのUSPという概念はとても重要で、

情報発信者として必ず抑えておかなければなりません。

 

しかしながら、

個人ビジネスや情報発信者が、USPだけで勝負するのはとてもリスキーである

ということも理解しておいてください。

 

個人がUSPだけで勝負するのが危険である理由としては、

・模倣者が出る

・大手に勝てない

・価格競争の泥沼化

というものがあります。

 

細かく説明しなくても分かりますよね?

・吉野家 vsすき家

・GU vs しまむら

みたい泥沼化ですw

 

(余談ですが、10年ぐらい前に吉野家とすき家の低価格競争が過激化し、その結果、現場のスタッフの負担が大きくなるという事態が起こっていました。)

 

ここに個人が参入することはできませんよね?

 

・個人の塾が大手と同じ路線で勝負しても勝てない

・個人のカフェがコンセプトを持たずにスタバと戦う

みたいなのはイメージつきやすいかもです!

 

だから、これらを解決するために、

MSPという概念が導入され始めたのです。

 

USPだけの問題を乗り越えるMSPとは?

USPだけの問題を乗り越えるMSPとは?

MSPは『私視点』です。

Me Selling Propositionの頭文字であり、「私視点で価値を再定義する」というものになります。

 

自分だからこその価値を提供することで、人に真似されないマーケティングが可能になる

ということです。

 

MSPの価値に共感してもらうことで、競合他者の同一直線状から外れることで、独自のマーケティングができるということです。

(考え方自体は、コトラーのラテラルマーケティングと似ていますね。)

 

また、MSPを伝えるのに有効な手段ということで、

『ストーリーによるマーケティング』

がこれまで以上に注目されています。

 

ただし、ここでも落とし穴があって、

自分視点の価値は「独りよがり」になってしまう可能性がある

ということです。

 

自分にとって価値があると思っていても、

他の人にとってはゴミということが起こりえます。

(ゴミは言い過ぎですがw)

 

MSPも基本構造としてはUSPと同じであるから、

お客さんや見込み客の価値やニーズ(ウォンツ)と重なっていなければいけません。

 

なので、

「価値とは何か?」についてしっかり理解した上で「ストーリーを構成」する必要があるということですね。

 

でないと、

ブラック企業に就職した僕はいわゆる社畜となり、平日は寝ずに働いていました。「もうダメだ…」「電車に飛び込めば楽になれるのかな…」と良くない思考が頭をよぎり始めた頃、○○に出会いました。もうどうせこのまま人生が終わるなら…、騙されたと思い○○を購入。すると、なんと本当に稼げたのです。これを機に会社を退職。今ではこんな素敵なライフを送っています。(豪遊している写真)そんなある日、同じように社畜で苦しんていた友人に「なんでお前、変われたんだ?」と聞かれ、僕はそのノウハウを友達に教えました。すると次にその友人会った時には、その友達も会社を辞め、手にはロレックスを付け、足にはルブタンの靴を履き、Sクラスのメルセデスを保有していました。彼の変化を目の当たりにした僕は、この方法をもっと世の中に広げて、全国の社畜を救いたいと思いました!だって、社畜はこんなに苦しんでいるのに社会から評価されない不遇な人種なのですから。さぁ、次に会社をやめるのはあなたです!自由な生活を手に入れたい人は○○を試してみましょう!本来なら☓☓円のところ今なら□□円に値引きしています。しかも1年間の全額返金保証付きです!ただし、保証できる数量には限りがありますので、今から△日後までの販売とさせていただきます。

といった、気持ちの悪い不幸自慢や頭の悪そうな進●ゼミみたいなストーリーになってしまいかねませんw

 

もちろん、このようなストーリーも “ある一定層” にかなり響きます。

(あえてどの層なのかは濁しますがw)

なのでコピーとして全く機能しない、というわけではありません。

しかしながら、そのような人々を集めてビジネスすると、

自分がしんどくなるというのは言わずもがなですね!

 

まずは「ターゲット選定」からというのはいつも同じということです。

 

はい!ということで、

最後に少し話がそれましたが、

 

今回の内容は、

USPという言葉をよく聞くようになったけど、個人ビジネスはUSPだけで勝負してダメで、MSPも打ち出すことで個人でも勝負可能になる!

というお話でした。

 

また今回、話に出てきた

「価値とは何か?」

さらには、

「価値の正体であるゲシュタルトの使い方とは?」

に関しては、

『ノマドの集落』で詳細に話しているので、ぜひそちらを読みください!

(これらだけで4記事に渡って解説しておりますので)

 

ビジネスの基本は「価値提供」にあるのに、

価値を理解せずして提供できない

ということですね!

 

それでは!

 


人生の負け犬だった僕は、毎月300万円を売り上げてノマドになりました。

「仕事は我慢」
「いかに感情を押し殺すかのゲーム」
「月曜から金曜まで早く過ぎろと思って生きる」
「しょうもない時間を過ごす対価が給料」
「お金は人生を切り売りして稼ぐもの」
「憧れのライフスタイルは諦めなければいけない」

超保守的かつビビリの僕は、

 “他人の価値観” を上手く体現することが人生だと思っていました。

しかし、それは全くの間違いでした。

 

人生は単なる『選択』でしかなく、

思ってたよりも5,000倍は自由でした。

それでも会社員のままじゃ自由を享受できないし、理想のライフスタイルも実現できない。

だって、経済的に自立するだけでなく、

時間を生み出し、生きる場所を自由化するためには、

 “自分自身のビジネスシステム” を持つ必要があるからです。

 

そう気づけたおかげで、

今ではこうしてノマドライフが送ることができています。

もちろん、特に才能があったわけではありません。

むしろ文才は悲しいほどありませんでしたw

(ここだけの話、国語の成績は高校でブービー)

それでもノマドになれたのは目的に合った手段を常に選択してきたからです。

 

だからどんな人でも “適切な選択” と “正しい努力” さえ実践すれば、

経済的自立・場所の自由・時間の余裕を獲得できると確信しています。

僕がノマドになるまでの軌跡と行動理念は、下の記事に書きました。

5分で読めるのでぜひ読んでください↓

→ ただの大学生だった僕が、全くのゼロから経済的に自立し、場所も時間も自由なノマドになった軌跡

 

 

ブログ×SNSで
1,000万円以上を売り上げた

インフルエンサーでもない凡人が実践可能な
「情報発信の教科書」をあなたの元に!

 

あなたのLINEに
「情報発信の教科書」が届きます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 
(↑をクリック)