【あなただからこその価値を提供する方法を学ぼう!】呼吸するかのごとく言語化と発信をする。


負け犬が情報発信で人生を軌道修正した方法
『人生ノマド化講座』 第3回


こんにちは。okamotoです。

はいー、こんにちは。okamotoです。

昨日は74分30秒にも及ぶ動画で、

『場所を自由に、お金と時間を生み出すビジネスシステムの構築法』

について、

ガッツリとあなたの頭の中にビジネスのゲシュタルトを作りにかかりました!

前回の動画をまだ見ていないという方は、先にご覧ください。

→『自分自身のシステムを所有しよう!ビジネスのゲシュタルトがあるやつだけが稼ぎ続ける』

 

「いかにアクセスをお金に変えることが重要であるか?」

そのための方法論としてのステップメールの重要なポイント、

さらには、

そのステップメールすら使わない、 “ビギナーが辿るべき最強の道筋” を動画内で紹介しました。

 

これだけで導線としては、

サラリーマンの平均年収の4〜5倍を稼ぐポテンシャルが普通にあるんだ、

ということです。

 

そして、最後には、

「ビジネスはリストが命。」
「情報発信はコンセプトがすべて。」

という新しい標語も覚えてもらいましたね?

「もはや、コピーライティングすら不要!?」

それくらいよくできたビジネスモデルであって、

賢い人達が考えてくれた秀逸なモデルがあるということです。

 

僕らはその先人の知恵にあやかって、

そして、それをうまく情報発信に落とし混むだけ、なんです。

 

で、こんな情報発信ビジネスですが、

業界的に言うと、

・エンタメ産業
・教育産業

に二分されているわけです。

 

もちろんのことですが、

インフルエンサーやトラフィックビジネスではなく、

1人1人に提供する価値を大きくすることで、ちゃんと “読者の問題を解決することを目的” としたビジネスを構築する僕たちは、

後者の『教育産業』に所属しなければいけません。

 

だから、エンタメではなく、

教育産業として僕らがすべきことは、

相手を楽しませたり、中身のない満足感だけを与えるような “消極的な暇つぶし” ではなく、

価値提供や問題解決という枠を超えた、

相手の視野や視界、認識する世界が変わるくらい、そんなゲシュタルトを提供すること。

そして、読者のセルフイメージやエフィカシーが高まり、

自分が人生の主人公であることを再認識したかのように行動せずにはいられなくなる、

有り余るエネルギーを消化するために思わず走り出してしまうような、

そんな “積極的な暇つぶし” を提供すべきってことです。

 

「いや結局、暇つぶしかい!」

と、ツッコまれそうですがw、

人生を “死ぬまでの暇つぶし” くらいまで抽象度を上げると、

あながち暇つぶしも馬鹿にできませんぜ!

 

と屁理屈を並べたところでw

僕たちは、

そんな “相手の人生に実益が伴うビジネス” をつくる必要があるし、

ひいては、そこまで向き合うからこそ個人で十分戦える、

と言うことができるわけです。

 

間違ってもスタディ◯プリのような、

低価格帯の量産型、画一的、放置プレーコンテンツを作ってはいけません。

 

相手の人生を雨過天晴させるぐらいコミットする、

それが個人における教育産業での戦い方です。

 

言わずもがな、僕もそうです。

“あなたにゲシュタルト” を提供し、 “パラダイム・シフト” を起こそうとしています。

格好つけて、それっぽい横文字を並べましたがw

 

ただ、本当にこの部分を大事にしているし、

むしろ世界で1番重視したビジネス構築をしてると自負しているし、

そう認識してもらって問題ありません。

 

ビジネス構築のゲシュタルト、もっと言うと、

自分のビジネスで自由に生きるノマドの働き方、生き方、考え方のゲシュタルト

を構築してもらうこと。

これが本プログラムの絶対的な目的です。

 

「今の御時世、ネットがあれば普通に稼げる。」

「パソコンだけで自分のお客さんを獲得して、自己成長と他者貢献を一致させたビジネスを

構築することができる。」

そんな選択肢が存在するということに “まずは” 気づいてもらう。

 

そして、気づいてもらうだけでなく、

その具体的な “道筋” を提示し、それを辿るための “確固たる実力” をつけてもらう。

 

僕はあなたを担いであなたの代わりにその道を爆走する、

ということはできませんが、

ですが、 “伴走” ならできます。

 

こんな意識を持って、

日々、発信しているということもあり、

コンテンツの有用性だけでなく、

僕の本気度までもが伝わっているようで、

本当にたくさんのメッセージが頂けています。

 

「初心者ですが、初歩的なところから説明してくれているので助かります!」

という、これからビジネスを始める人からのお礼の言葉や、

 

もう既にビジネスをしている人から、

「自分の今のビジネスは、どこがダメなのかが分かりました!」

「ダラダラと勉強してましたが、おかげで火が付きました!」

「意識が変わりました。本気でやります!」

といったアウトプットや意思表明もいただいています。

 

思考や知識を言語化するのは、

「情報を頭に定着させるため」

という意味でもそうですが、

自分の頭の中のゲシュタルトを作っていくという意味でも “かなり” 有効な手段です。

 

ということで、

ここで本日のテーマを発表します。

1. 言語化と発信はニコイチで最強の習慣となる!
2. あなただからこその価値を提供する方法!

の2つです。

 

ともによく聞くテーマですが、

ビジネスを構築するところまで落とし込めている人は普通に少ないので、

絶対に最後まで文章を読んで、動画も見てみてください。

ということで、1つ目です。

 

1. 言語化と発信はニコイチで最強の習慣となる!

言語化力という言葉が流行っていますが、

これはコピーライティング力とは違う力です。

 

というのも、

テクニックや心理学を駆使した文章ではなくとも、

「なぜか、この人の文章に魅了される。」

「文章を通して、 発信者そのものに魅了される。」

そんな現象が起こっているのは、

間違いなくこの言語化力の影響です。

 

自分の心の根っこの部分、

普段の生活では言語として現れない深い思考を、

言語として表現しているから、その熱量が相手にも伝わる。

 

言語化力は情報発信する上で、磨いていかなければいけない能力の1つです。

 

ですが、言語化力は、

日々の積み重ねでしか培うことはできません。

 

有り難いことに、

僕は読者さんから、

「本当に言いたいことをうまく表現してくれます!」

「どうしてそんなに記事が書けるんですか?」

「okamotoさんのような発信がしたいです。」

と言ってもらえることがあります。

特にここ数年はかなり言われます。

 

でも、もともと僕は絶望的な国語力で、

高校の頃は国語の成績が学年でブービーでした。

大学・大学院でも、僕が書いた文章に関して先輩や先生にボロカスに言われていました。

というか、

小学生の頃には、通っていた塾の国語のテストでブービーだったので、

生粋の “国語力ブービー男” ということになりますw

 

まぁつまり、国語ができない。文章力ない。

僕はそんな人間だったということです。

 

もちろん、

今でもセンスのある、上手な文章は書けません。

でも文章を通して自分の考えの深い部分や、抽象度の高いところから具体に降ろした文章が書けるようになりました。

でも、それができるようになったのはシンプルに言語化しまくったから、です。

 

ブログ記事やLINE@、メルマガ、動画や音声の原稿、毎日のツイート、ノートへの記録、ブレインダンプ、アイデア帳 . . . 。

情報発信を始めてから1000万字とかじゃ効かないレベルに言語化しています。

記事やコンテンツだけでも、だいたい1日に5,000字〜1万字くらいは産出しています。

(ちなみに、会社員時代でも1日1記事を更新していたこともありました。)

Twitterも4年くらいはほぼ毎日更新しています。

 

日々の学びや気付きを言語化すること。
そして、その言語化を発信すること。

まず今日は覚えて欲しいこととして、

これは情報発信を生業にする僕らが、

必ず身につけなければいけない習慣であるということです。

 

僕は狙って言語力を伸ばしてきたわけではありませんが、

言語化を続けたから今の生活がある、と振り返ってみて本気で感じます。

結果論ですが、続けていたのはラッキーでした。

 

なので言語化の習慣がない人は、

今日から、いったんガチで言語化しまくる期間を設けてください。

 

既に述べたように、

ビジネスシステムは大部分が文章から構成されています。

稼げている情報発信者で言語化の習慣がない人は、

まぁいません。

 

個人でビジネスを展開するためにも、

言語化を習慣化することだけは本当に強く、強く、おすすめします。

絶望的な国語力からスタートした僕が言うんですから!

世界中の誰よりも強くおすすめすることができますw

 

ちなみに、

“発信しない言語化” と “発信する言語化” は性質が違います。

発信しない言語化は自分のためですが、

発信する言語化には相手がいます。

読む読者がいます。見られること前提です。

 

言語化を “相手ごと” にする過程で、思考のステージが1つ上がります。

 

なにより、小さくても読んだ人からのフィードバックが貰えます。

フィードバックをもらうことは普通に嬉しいですが、

嬉しいだけでなく、自身の言語化力を磨くのにかなり役立ちます。

好き勝手に日記を書いていても、

内省にはなるかもしれませんが、発信力には繋がりません。

 

・言語化すること
・発信すること

これらはニコイチです。

ぜひとも、日々の学びや気づき、成長、仮説検証、成果や結果、挑戦やログなどを言語化しては発信してってください。

もちろんテキストだけでなく、音声でも動画でもなんでもOKです。

 

とりあえず、何を言語化して発信すればいいのか分からないという人は、

今、こうして学んでいることを発信することから始めればOKです。

 

例えば、動画を見た結果得られた、

気づき、学び、感想、展望、行動方針、考え、思考をTwitterで呟いてみましょう!

もちろんメンションしてくれたものは、僕がRTします。

 

あ、RTするからと言ってプレッシャーを感じなくても大丈夫です。

理由は後で言います。

でもまぁ、ついでに言語化を見られることにも慣れていくのがいいです。

 

「またまたぁ、そんなこと言って拡散してもらいたいだけじゃないの?」

と思うかもしれませんが、

もちろんですが、拡散してほしいですw

 

コミュニティを活発に大きくしていくためには、

コミュニティ内の雰囲気を発信することや口コミなどが必須です。

バンドワゴン効果ってやつですね。

 

LINE@内の雰囲気を発信することができるというメリットが僕にはあるし、

そういった発信も進めていきたいという意図もバリバリにあります。

 

だから、

「動画の内容が良かった!」

「口コミを書くのに値する!」

と思えた人だけでOKです。

(もちろん、改善点などもお待ちしています。酷評もアリです。)

 

ですが、

この話以上に大切なことがあるのも事実です。

それが、

言語化したものは発信しないと、
ネット上では、
あなたは存在しないのと同じになる

ということです。

 

情報発信で成果が出ない人の特徴で、

1つ確実に言えるのは、

“そもそも発信量が少なすぎる”

ということです。

 

そうです。

僕は今、すごく当たり前なことを言っていますw

 

「何をすればいいのでしょうか?」

と言う人の多くは、日頃何も発信してないという状態です。

・発信しないから、
・何もアウトプットしないから、
・他者から反応をもらう機会がないから、

やることが何も見えてこないし、やる気もなくなってくると言えます。

 

当たり前ですが、

フィードバックのないことは続きません。

ビデオゲームは、絶妙なフィードバックがあるから多くの人を熱中させるのです。

 

だから情報発信は、「発信することから」です。

発信しさえすれば、

何かしらのフィードバックが貰えます。

それで思ったような反応が貰えなくてもいいんです。

極論、呟いて「いいね」が全然付かなくても良いんです。

 

いいねやRT、コメント以外も、

PV数、インプレッション数、クリック数、プロフィールへのアクセス数、フォロワーの増減、それらすべてがフィードバックであって、

フィードバックをもらうからこそ、あなたの中で更なる思考が生まれます。

 

「いいね」がないこと自体もフィードバックです。

いいねの少ない優良な投稿もたくさんあるので気にする必要は全くありません。

だって逆もまた真なりで、

いいねは多いけど、しょうもない投稿もたくさんありますのでw

 

だから1回ごとに感情的になる必要はなく、

淡々と反応を貰って、それを分析するだけでOK。

 

僕はそれを繰り返した結果、

自分の労力を最大化してくれるビジネスシステムを持つことができました。

 

僕以外もそうです。

恋愛ジャンルで月2,000万円稼いだ同級生は、

恋愛を学ぶ過程で内省した言葉を書き溜め、それを発信し、読者やファンを獲得していきました。

 

女性に話しかけられず、

例えばただ道を歩いている間にも、たくさんの言語が頭の中に生まれます。

1日8時間も放浪していたこともあるらしいですが、

そういう経験や反省も言語化したそうです。

 

月2,000万円を稼ぐビジネスも、

誰にも読まれないブログを書くところからスタートしています。

 

何かを発信しない限り、

ネット上にあなたは存在しないことになりますが、

たとえリアクションがなかっとしても、

発信されすれば、あなたの存在が生まれ、見てくれる人が現れてくるんです。

 

仏教の世界では、

「人間には自我というものは存在せんし、あるのは縁(関係性)だけやで!」

みたいな言葉がありますが、まさしくそれですね。

唐突な “仏教の話” で書いている僕もビックリですがw

でもリアルよりネットの方が物事の本質が見えやすかったりするんですよね。

 

と、毎度のことながら、

話が脱線してしまいましたが、

 

結局、言いたいことは、

『言語化を習慣化する』のと同時に、

『発信を日常にすること』

それすなわち最強ナリ、ということです。

 

アウトプットすることを日課にしてください。

そして日常的にフィードバックを浴びるようにしてください。

 

その習慣を半強制的に作るきっかけとして、

この場も利用してやってください。

だって僕の発信を見ているということは、

「情報発信ビジネスで人生を変えたい」という気持ちがあるはずです。

 

「とあるアメリカ人がカメラを買った次の日に、名刺の肩書きにカメラマンを追加した。」

という話を聞いたことがありますが、

情報発信ビジネスこそ、

発信したその日から情報発信者になることができます。

 

セミナー動画が勉強になったなら、それを言語化してみてください。

呟かなくても、僕に感想や疑問を送ることからでもいいです。

行動しないことには何も始まりませんが、行動すると何かは確実に変わります。

 

少なくとも、あなたの内側では変化が生じるはずです。

 

もちろん僕はあなたのフィードバックをもとにして、

もっと良いコンテンツ作成をし、

改善点も検討しながら次の動画セミナーを取っていきます。

つまり、あなたのフィードバックのおかげでもっと良いコンテンツを受け取ることができる人が増えるわけです。

それっていうのはバタフライ効果みたいなものかもしれませんが、

あなたが言語化を発信することで確実に変わるものが存在するということなんです。

 

ぶっちゃけ僕は、

コンテンツを「有料」と「無料」であまり区別していません。

情報の「質」という面では同じです。

次に送る動画も、基本的には有料の場で学んできたことをベースに、自分の実践や経験を踏まえて話しています。

 

なので、この『人生ノマド化講座』では、

少しでも質の高いコンテンツ、
今、メンバーの方が必要とするコンテンツ、

が、配信される場を一緒に作っていきましょう!

 

「okamotoさんのLINE@を読んでたら稼げてました!」

「太っていた体型が嘘のように痩せ、肌はスベスベに、可愛い彼女もできて、道を歩けば赤信号は全て青に変わるようになりました!」

と、後半は冗談ですが、そんな場にしたりましょう!

 

あ、話を言語化に戻しますねw、

 

言語化のコツ、

というか、言語化力を伸ばすコツとしては、

例えば、昨日の動画セミナーは基本的な内容だったので、

「逆に何をアウトプットしたらいいのだろう?」

と感じるかもしれません。

ですが、それってブレインダンプと同じで、

むしろ、それが言語化力を伸ばすチャンスでもあるんです。

 

「何も言語化するものがない。」

と思っているところからひねり出す時の方が、言語化力は伸びますし、そこから生み出されたものの方が真理に近かったりします。

 

こういう点からも、まずは、

何もないと思う日常から、日々の学びを発信する癖を付けてってください。

 

2. あなただからこその価値を提供する方法!

ビジネス構築における「言語化と発信の習慣化」の重要性は理解いただけたと思います。

では、次に、

言語化したことを情報発信するときに、

『あなたが価値提供する方法』

について話したいと思います。

 

というのも、

前回の動画に対して、次のようなご質問を頂いたからです。

 

というか、さっそくのフィードバックありがとうございます!

こんな感じで、ドシドシとお送り頂ければと思います。

 

で、頂いたご質問を見てみると、

「情報発信者の情報に価値があるのは、その発信者が成功者だからなのではないでしょうか?」

「私のようなゼロからのスタート、いや、むしろマイナスからのスタートの人間はどうすればいいのでしょうか?」

もちろん、これ以外にも書かれていましたが、

個人的な内容もありましたので、要点をまとめさせていただきました!

 

はい、わりとギュッとまとめましたがw、

多くを語らずとも、質問の意図は理解しただけると思います。

 

だって、こういった疑問や不安って、

少なからず情報発信ビジネスを始める時に感じるからです。

 

「僕でも価値提供できるんでしょうかか?」

「私でも人を集めることはできますか?」

「そもそも僕にも情報発信ビジネスってできるんですか?」

 

このような類のご質問はよく頂きますし、

もちろん僕も思っていました。

特にビジネスを始めた大学生の頃なんて、

受験に失敗し、研究室でも上手くいかず、

完全に自信を喪失していたわけですから。

 

なので、この質問に関しては、

あえて強い語気で、断定する形でお答えしたいと思いますが、

「あなたも情報発信ビジネスを実践することができます!」

 

なんか、

「ステップ細胞はあります!」

みたいな語調になりましたが、

僕の主張に関しては “明確な根拠” があります!w

 

その根拠や理由、そして方法論については、

第3回『ノマドビジネス攻略動画セミナー』としてお送りしたいと思います。

 

ということで、

続きはこちらの動画をご覧ください↓

『「自分もできますか?」という不安を解消し、あなただからこその価値を提供する方法 (凡人ver.)』

 

いかがでしたか?

この動画セミナーを見て頂いたのなら、

もう「自分には情報発信ビジネスはできない」なんて思うはずもないですよね?

 

はい、ということで、今回の内容は以上になります。

次回の動画セミナーは、

あなたがビジネスを構築する上で、

『あなたが成功する確率を上げる』
『あなたのビジネス構築の再現性を高くする』

そんなことに直結する話をお届けしますので、必ずご覧くださいね!

それでは!

 

■ okamotoの情報発信講座
『自立自走ノマド養成講座』はこちら!

 

※本内容に関するご質問やご感想は、そのまま僕のLINE@に返信する形でお送りください。全部、僕が読ませていただきますし、僕の時間が許す限り、丁寧に返信させていただきます。アウトプットの場としてもどうぞご活用ください!