”moon”を『月』だと思っている人は読むべし!

こんにちは。okamotoです。

今回は、新シリーズを導入しようかなと思って、書いてみました。
それは、『案外知らない英語シリーズ』です。
好評なら、続けていこうかなと思います。

不評なら、第2回はしばらくは来ないと思っといてくださいw
最近、体の調子が良いので、
調子に乗って、記事の更新頻度を上げてみるってやつをしてみようと思いますw

はい、さて、第1回の内容は、“moon” という単語。
さらには、”sun”, “earth”もそうですね。
これらの単語についてです。

では、早速ですが、”moon”ってなんでしょう??

はい、『月』と答えた人!
この先も読み進めてくださいね!

実は、”moon”は正確には『月』ではありません。
『月』と言いたい時は、”the moon” という必要があります。

実は、”moon” という単語は、もともとは『衛星』という意味です。
それでは、なぜ “the moon” が『月』という意味になったのか?
それは、冠詞の “the” に秘密があります。

皆さんは、冠詞の “the” はどのように習いましたか?

よく言われているのは、「特定できるもの」とかですね。
または、「共通認識として挙がるもの」と習った人もいるはず。

 

そうつまり冠詞の “the” は『その場にいる人が、どれのことを指しているかわかる時に使われるもの』です。

はい、では話を『月』に戻すと、“moon” は『衛星』でした。
では、僕たち地球人にとって、特定できて、共通認識に挙がって、どれかわかる衛星は何か?

そう『月』となるわけです。

“sun” も “earth” も同じです。

“sun” は、『恒星:自ら輝く星』
“the sun” が『太陽』

“earth” は、『大地』
“the earth” が『地球』

と、なるわけです。
(地球に関しては、他の惑星と比較して記述する時は固有名詞として使うこともできるようです)

どうですか??
“moon” という簡単な単語でも結構楽しめたんじゃないかと思います。
そして、”moon” の話をしたいと思わせておいて、
大事なのは、冠詞の “the” の方なんだ!と気付いた人がいたら、
少しうれしいですw

 

はい、第1回の『案外知らない英語シリーズ』は以上になります。
実は、料理をしていて包丁で指を切ってしまって、
(ここに画像を載せれないくらいは切れてますw)
タイピングが辛いので、短い目の記事で、改行多めでごまかすという作戦に出ていますw
もし、今回のような記事も、アリやなと思った人は、コメント欄やメールに感想をください。

もちろん、こんな記事はいらんという感想でもおkですw

『 退学→浪人→不合格→ラボ畜→社畜 を経験した “人生の負け犬” が脱サラし、時間の切り売りから経済的自立に至るまでに学んだ自分のビジネスの作り方 』を配信しています。

 

okamoto運営メルマガ『人生ノマド化講座』
“負け犬が人生を軌道修正した方法” が分かる!購読無料です。

okamotoのメルマガ
↓登録はこちら↓

 

[配信内容]
〜地球が職場となるノマドビジネス構築〜

・ゼロから個人がノマドになるには?
・個人が実践すべき合理性のあるビジネスモデル
・人生の切り売りから脱するノマドライフ
・場所の自由、時間の余裕、経済的自立の獲得法
・個人のリスクを減らしたビジネス構築法
・凡人でも提供できる価値の生み出し方
・現社会で個人が情報発信すべき理由
・自己成長と他者貢献が一致した働き方・生き方
・成功する人と失敗する人の違い
・稼ぐ人の視点と稼げない人が陥る落とし穴
・年収1,000万円超を稼ぐビジネスの規模感
・インフルエンサーでない凡人のための集客術
・DRMに基づいたビジネス構築のはじめの一歩
・ビジネス構築のロードマップ的なやつ


人生の負け犬だった僕は、毎月300万円を売り上げてノマドになりました。

「仕事は我慢」
「いかに感情を押し殺すかのゲーム」
「月曜から金曜まで早く過ぎろと思って生きる」
「しょうもない時間を過ごす対価が給料」
「お金は人生を切り売りして稼ぐもの」
「憧れのライフスタイルは諦めなければいけない」

超保守的かつビビリの僕は、

 “他人の価値観” を上手く体現することが人生だと思っていました。

しかし、それは全くの間違いでした。

 

人生は単なる『選択』でしかなく、

思ってたよりも5,000倍は自由でした。

それでも会社員のままじゃ自由を享受できないし、理想のライフスタイルも実現できない。

だって、経済的に自立するだけでなく、

時間を生み出し、生きる場所を自由化するためには、

 “自分自身のビジネスシステム” を持つ必要があるからです。

 

そう気づけたおかげで、

今ではこうしてノマドライフが送ることができています。

もちろん、特に才能があったわけではありません。

むしろ文才は悲しいほどありませんでしたw

(ここだけの話、国語の成績は高校でブービー)

それでもノマドになれたのは目的に合った手段を常に選択してきたからです。

 

だからどんな人でも “適切な選択” と “正しい努力” さえ実践すれば、

経済的自立・場所の自由・時間の余裕を獲得できると確信しています。

僕がノマドになるまでの軌跡と行動理念は、下の記事に書きました。

5分で読めるのでぜひ読んでください↓

→ ただの大学生だった僕が、全くのゼロから経済的に自立し、場所も時間も自由なノマドになった軌跡

3 件のコメント

  • また、こういった記事を読みたいです(^ー^)
    内容も長くなくて、ちょうど良かったです。
    さらっと読めて勉強になるってありがたいです。
    感謝。

  • 楽しいし、勉強になります。初めて覗きに来ましたが、続編に期待して、また覗きにくるね

  • 簡潔で読みやすく、自然と頭に入ってきました。何気なく使われている英語を教える人や情報も少ないので、この先も是非続けていただきたいです。楽しみにしてます!
    Ps.指は頑張ってくっつけてください。