考えなしに会社を辞めた友人B君の末路 〜脱サラする前にすべきこと〜

こんにちは。okamotoです。

前回は「考えなしに会社を辞めた友人A君の話」をしましたが、

 

今回は、
自分の目的を見失い、
インフルエンサーに翻弄された
友人B君の話をしたいと思います。

 

インフルエンサーに感化され、
自分でビジネスを始めると決心し、
会社を辞めた友人B君。

 

事あるごとに、
有名どころのインフルエンサーたちの発信に流され、

フラフラしているうちに半年が過ぎ、
ついに貯金も尽き、再就職することになった。

 

しかも、結果的に、
年収は前の会社よりも大きく下がる始末。

 

「なぜ、うまくいかなかったのか?」

 

B君の反省点は、
・辞める前に勉強しなかった事
・目的と手段が一致してなかった事
・プライドを捨てきれなかった事

 

自分の夢を達成するには、
惨めな思いをすることがある。

 

挑戦するには、
それに耐える覚悟が必要です。

 

でないと、
簡単に心が折れ、
やることもコロコロ変わり、
最終的に何も手元に残らない。

 

ビジネスは、
積み上げ式なので、
継続すればいつかは完成する。

 

でも、
設計図や戦略がなければ、
ただ、材料を集めて並べているだけに過ぎず、
一生、完成することはない。

 

だから、もし、
これから挑戦しようと考えているなら、
まずは自分の目標を明確にしましょう。

 

どうしても達成したい明確な目標を持つことです。

 

そうしたら、
目標達成と一致した手段を選択します。
そのために必要な情報と知識だけを収集すればいいだけです。

 

そうすると、
いかにインフルエンサーの発言が
自分の目標と一致していないかが
理解できます。

 

作られた関心に振り回されることもなければ,
些末なオピニオンに流されることもありません。

 

『自由な場所で働けるかどうか』
『経済的に自立できるか』

 

僕はノマドになるために、
こういった目標を、
決して見失わないようにしました。

 

(でないと、目移りしてしまいそうな聞こえの良い提言ってたくさんありますから)

 

起きてから寝るまでの全行動で、
「これは目標達成のための行動か?」
と確認するようにしました。

 

だから、
会社を2年で脱サラし、
ノマドになることができました。

 

“合目的的に行動しただけ”

 

ノマドするためだけの、
情報と知識と方法論と手段を
集めて、選択して、実践して、ビジネス構築した。

 

実際に大学院生だった僕が、
どういった経緯でビジネスを始め、
どんなことを実践してノマドになったのか?

については、
僕のLINE@でストーリー形式で話しているので、

ぜひそちらを読んでもらえれば、

「あぁね、脱サラしてノマドになるにはこういうことをすればいいのか!」

と理解いただけると思います。

 

自分で言うのもなんですが、
シンプルに内容も面白いので、
読み物としてもどうぞ!


人生の負け犬だった僕は、毎月300万円を売り上げてノマドになりました。

「仕事は我慢」
「いかに感情を押し殺すかのゲーム」
「月曜から金曜まで早く過ぎろと思って生きる」
「しょうもない時間を過ごす対価が給料」
「お金は人生を切り売りして稼ぐもの」
「憧れのライフスタイルは諦めなければいけない」

超保守的かつビビリの僕は、

 “他人の価値観” を上手く体現することが人生だと思っていました。

しかし、それは全くの間違いでした。

 

人生は単なる『選択』でしかなく、

思ってたよりも5,000倍は自由でした。

それでも会社員のままじゃ自由を享受できないし、理想のライフスタイルも実現できない。

だって、経済的に自立するだけでなく、

時間を生み出し、生きる場所を自由化するためには、

 “自分自身のビジネスシステム” を持つ必要があるからです。

 

そう気づけたおかげで、

今ではこうしてノマドライフが送ることができています。

もちろん、特に才能があったわけではありません。

むしろ文才は悲しいほどありませんでしたw

(ここだけの話、国語の成績は高校でブービー)

それでもノマドになれたのは目的に合った手段を常に選択してきたからです。

 

だからどんな人でも “適切な選択” と “正しい努力” さえ実践すれば、

経済的自立・場所の自由・時間の余裕を獲得できると確信しています。

僕がノマドになるまでの軌跡と行動理念は、下の記事に書きました。

5分で読めるのでぜひ読んでください↓

→ ただの大学生だった僕が、全くのゼロから経済的に自立し、場所も時間も自由なノマドになった軌跡

 

 

ブログ×SNSで
1,000万円以上を売り上げた

インフルエンサーでもない凡人が実践可能な
「情報発信の教科書」をあなたの元に!

 

あなたのLINEに
「情報発信の教科書」が届きます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 
(↑をクリック)