フォロワー500人で月10万を収益化するために、やらなかったこと

僕が駆け出しの頃、
まだTwitterのフォロワーが500人くらいでしたが、
それでも月10万くらい収益化できていました。

多くの人はフォロワーを増やそうとする中で、
たったフォロワー500人で、
どうして月10万を稼ぐことができたのか?

それは “あること” をしなかったからです。

それが「薄利多売」です。

僕は最初から薄利多売をしなかったから、
初期からある程度、
収益化することができたのです。

薄利多売とは、
“安いものをたくさん売る”
というビジネスモデルです。

ネットビジネスでは、

①アクセスを集める
②アクセスをお金に換える

の2段階から成り立っていますが、

まぁ、ただ、これは、
リアルビジネスでも同じで、

①人を集める
②人に商品を買ってもらう

という構図をネット版に置き換えただけです。

薄利多売は、
「①アクセスを集める」に注力して
「②アクセスをお金に換える」を蔑ろにするモデルです。

しかし、本来、
「①アクセスを集める」段階は、
圧倒的に個人が不利な段階なのです。

つまり、多くの人は、
不利なフィールドで戦ってしまっている
ということです。

ですが、その中でも、
コンテンツビジネスや、
僕が実践する情報発信ビジネスは、
「②アクセスをお金に換える」段階が得意です。

というか、
情報発信ビジネス以上に、
効率の良いモデルは未だ発明されていないと思います。

それくらいレバレッジの利いたモデルである、
ということですね。

『どうして個人は薄利多売が不利なのか?』

『アクセスをお金に変えるにはどうしたらいいのか?』

については、

以前にあげた「ビジネス基礎動画」で解説していて、
今も僕のLINE@で無料公開しているので、

興味がある人は、
ぜひそちらを見てみてください。

前者については「導入編」動画で、
後者については「実践編」動画で、
説明しています。

ここでは、
「どうして多くの人が薄利多売に走ってしまうのか?」
について話します。

多くの人が、
薄利多売しようとする理由は
簡単言うと「責任逃れ」です。

「1人から多くのお金を貰うのは気が引けるけど、」
少しずつならいいよね?」

みたいなことです。

多くの人は、
心の奥底のどこかで、
「お金をもらうことは卑しいこと」
「金儲けは悪いこと」
という清貧思想が植え付けられています。

潜在的にお金を貰うことから
目を背けたい、という願望を持っているのです。

ですが、
もともとこの清貧思想は、

「お金を溜め込むのは悪いことだから、ちゃんと年貢を納めましょう!」

という一種の大衆扇動のなごりです。

ここでお伝えしたいのは、
自分のビジネスを持つことは責任が伴うもので、
その覚悟なしに成功はしない、
ということです。

お金から目を逸らした状態で、
お金を稼ごうとするのは相手に失礼です。

『まずは向き合うこと』
そして、
『覚悟を持って実践すること』

だって、ビジネスですから。

小手先のテクニックや
しょうもないノウハウよりも、
ずっと大切なことです。

この心構えができれば、
ネットビジネスで、
大きくコケることはないはずです。

薄利多売をしようなんて思わないからです。

だから、
ビジネスを始めるなら、
まずは腹をくくることです。
起業家になることです。

やっぱり、
覚悟の決まった人から、
成果が出てる印象ですし。

ですが、
途中でブラウザバックせずに、
ここまで読んで頂けたということは、

「自分で稼ぐ覚悟」が決まったんじゃないでしょうか?


人生の負け犬だった僕は、毎月300万円を売り上げてノマドになりました。

「仕事は我慢」
「いかに感情を押し殺すかのゲーム」
「月曜から金曜まで早く過ぎろと思って生きる」
「しょうもない時間を過ごす対価が給料」
「お金は人生を切り売りして稼ぐもの」
「憧れのライフスタイルは諦めなければいけない」

超保守的かつビビリの僕は、

 “他人の価値観” を上手く体現することが人生だと思っていました。

しかし、それは全くの間違いでした。

 

人生は単なる『選択』でしかなく、

思ってたよりも5,000倍は自由でした。

それでも会社員のままじゃ自由を享受できないし、理想のライフスタイルも実現できない。

だって、経済的に自立するだけでなく、

時間を生み出し、生きる場所を自由化するためには、

 “自分自身のビジネスシステム” を持つ必要があるからです。

 

そう気づけたおかげで、

今ではこうしてノマドライフが送ることができています。

もちろん、特に才能があったわけではありません。

むしろ文才は悲しいほどありませんでしたw

(ここだけの話、国語の成績は高校でブービー)

それでもノマドになれたのは目的に合った手段を常に選択してきたからです。

 

だからどんな人でも “適切な選択” と “正しい努力” さえ実践すれば、

経済的自立・場所の自由・時間の余裕を獲得できると確信しています。

僕がノマドになるまでの軌跡と行動理念は、下の記事に書きました。

5分で読めるのでぜひ読んでください↓

→ ただの大学生だった僕が、全くのゼロから経済的に自立し、場所も時間も自由なノマドになった軌跡

 

 

ブログ×SNSで
1,000万円以上を売り上げた

インフルエンサーでもない凡人が実践可能な
「情報発信の教科書」をあなたの元に!

 

あなたのLINEに
「情報発信の教科書」が届きます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 
(↑をクリック)