オンライン英会話の注意点①

最近、オンライン英会話をしていない英語学習者はいないのではないかというくらい
オンライン英会話が浸透してきましたね。
まぁ僕が提唱している『アウトプットありきに圧倒的インプット』を実践いただいていて嬉しい限りですw

僕もオンライン英会話を2社契約しており、
時間を見つけては、やるようにしています。
(ちなみに、レアジョブとDMM↓です。また違いのレビューを書こうかと思います)





オンライン英会話をする中で、
僕がふと気づいたことがあるので、
今日はそれをさらっとシャアしようかと思います。

ということで、結論から述べていきたいと思いますが、
オンライン英会話をする時、(主にスカイプを使っていると思いますが)
『自分の画像を出そう』ということを言いたいのです。

日本人の学習者の中には恥ずかしいということで、
自分のカメラをオフにしている人がいます。

講師の先生は基本的に自分の動画を写してくれている人が多いと思いますが
生徒である僕たちは自分のカメラを切って、動画なしで受講している人がいます。
こうすると、講師の先生は僕たちの顔が見れないわけです。

これって会話の本質的によくないことであり、
学習効率も下がるんですね。

というのも、コミュニケーションの7割は非言語であると言われていると言われています。
ジェスチャーであったり、顔の表情であったり。
僕たちはなるべく自然な感じで会話を学ぶことを目的にしているのに、
自分の表情をわからなくすると当然先生の方も違和感を感じながら会話している状態になります。

そうすると、会話としての質、臨場感が劇的に下がってしまいます。
なんでそんなことがわかるねんって思うかもしれないですが、
実はこれは僕の実体験なんです。

僕は風呂上がりにオンライン英会話をすることが多く、
髪の毛をセットしていない時に、人に会うのって男はなかなか抵抗あるんですね。
多分、女性のすっぴんみたいなものだと思います。
なので、僕ははじめはずっと自分のカメラを切って英会話レッスンを受けていました。

そこまで気になるものではないと思うかもしれないですが、
僕たちが先生の顔見れているのに、
先生は真顔で会話をしていたりするわけです。
まぁ当たり前ですよね。
画面には文字しかないのに、わざわざ表情豊かに会話しろっていう方が無理があります。

でも、とある日、気まぐれに僕のカメラをオンにしてレッスンを受けてみると、
先生との会話がはずみ、楽しいし、向こうも僕がいうことにリアクションしてくれて
臨場感がグーンと上がりました。

そもそもオンライン英会話って擬似会話である部分があるので、
臨場感が下がりやすいのです。
カメラを切ってしまうと、学習効率がグーンと下がってしまいます。
自然な形で英語を学びたいのに、無味乾燥なものにしてしまうのはもったいないですよね。

会話としてなるべく自然にし、臨場感を保ったまま学ぶためにも
自分のカメラは切らないこと。
向こうにこっちの顔を見せて、ちゃんと反応してもらうこと。
これって案外普通なことなのに、できていない人が案外いるのかなと思い、今回シェアさせていただきました。

はい、今回は以上になります。

では!!!


人生の負け犬だった僕は、毎月300万円を売り上げてノマドになりました。

「仕事は我慢」
「いかに感情を押し殺すかのゲーム」
「月曜から金曜まで早く過ぎろと思って生きる」
「しょうもない時間を過ごす対価が給料」
「お金は人生を切り売りして稼ぐもの」
「憧れのライフスタイルは諦めなければいけない」

超保守的かつビビリの僕は、

 “他人の価値観” を上手く体現することが人生だと思っていました。

しかし、それは全くの間違いでした。

 

人生は単なる『選択』でしかなく、

思ってたよりも5,000倍は自由でした。

それでも会社員のままじゃ自由を享受できないし、理想のライフスタイルも実現できない。

だって、経済的に自立するだけでなく、

時間を生み出し、生きる場所を自由化するためには、

 “自分自身のビジネスシステム” を持つ必要があるからです。

 

そう気づけたおかげで、

今ではこうしてノマドライフが送ることができています。

もちろん、特に才能があったわけではありません。

むしろ文才は悲しいほどありませんでしたw

(ここだけの話、国語の成績は高校でブービー)

それでもノマドになれたのは目的に合った手段を常に選択してきたからです。

 

だからどんな人でも “適切な選択” と “正しい努力” さえ実践すれば、

経済的自立・場所の自由・時間の余裕を獲得できると確信しています。

僕がノマドになるまでの軌跡と行動理念は、下の記事に書きました。

5分で読めるのでぜひ読んでください↓

→ ただの大学生だった僕が、全くのゼロから経済的に自立し、場所も時間も自由なノマドになった軌跡

 

 

ブログ×SNSで
1,000万円以上を売り上げた

インフルエンサーでもない凡人が実践可能な
「情報発信の教科書」をあなたの元に!

 

あなたのLINEに
「情報発信の教科書」が届きます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 
(↑をクリック)