英単語の語彙力を真の意味で上げる方法

こんにちは。

中学校に入学し、英語の先生から
「紙の辞書で単語を調べた時、調べた単語にマーカーで線を引くと良い。」
と言われました。

 

そうすることで、
「この単語の意味知らんなぁ」と思い辞書で調べて、
そこにマーカーが引いてあると、
「前にもこの単語を調べてるやんけ!」
と、自己嫌悪まじりに単語の印象が強くなり、覚えやすくなる、ということでした。

 

さらに、辞書をパラパラとめくった時に、たくさんのマーカーが引いていると
自分はこんなに勉強してきたのかと目に見え、自己陶酔でき、モチベーションアップする、とも言っていました。

 

所詮、勉強は自己嫌悪自己陶酔の繰り返しなんだなと思い、
単語を調べた時は、言われた通りに辞書にマーカーで線を引いて勉強をしていました。
辞書には結構な線が引け、自分なりに満足していました。

 

そして、中学3年生になり、
難しい単語も載っているジーニアスという辞書を学校で強制的に買わされ、
まっさらの辞書を使うようになった時、
なんとも言えない虚無感を感じた、岡本です。

 

その後、一瞬で電子辞書を使うようになりましたねw

 

はい、ということで今回は、単語の意味とボキャブラリーの増やし方について考えてみたいと思います。
ネット記事は700文字以内に収めると、飽きずに全てを読んでもらえやすい、という話を聞いたので、
700字以内を目指してみようかと思います。
ただ、もうこの時点で440文字を超えているようですw

 

英単語の語彙力を真の意味で上げる方法

はい、上にも書いたように、
僕たちは、学生の頃から、単語の意味をたくさん調べてきました。
一つの単語には、絶対的な意味があると思い、それを辞書上で調べてきました。

 

でも、僕のブログでもすでに出てきてはいますが、

単語の意味は、単語自体にあるのではなく、”その単語が使われた状況”にある

ということでした。

英単語の勉強法。英単語の意味は「単語の中にあるのではない」

2017年5月27日

 

では、今回は何を書くのかというと、
『意味って結構曖昧で良い』ということです。

英単語の意味は曖昧で使っていく

僕たちは、几帳面過ぎです。
新しい単語に出会うと、きっちりと単語の意味を調べて、
定義をしっかり学ぶ癖がついてしまっています。

 

でも、日本語で思い返してみてほしいのですが、
「そこまできっちりと意味を把握して使っていますか?」ということです。

 

これは案外簡単な単語でも当てはまることで。
例えば、「愛」という単語の意味を答えてください。と言われ、
正確に答えることができる人は少ないと思います。

 

「愛」という単語は、誰でも知ってる単語ですよね。
でも、いざ意味を聞かれると答えるのが難しいですね。
「愛の意味は、人によって違う」とまで言う可能性がありますw

単語の意味ってなかなか曖昧なんです。

英単語に触れ合う回数が命

まぁ、「愛」とか「自由」とかは抽象的な単語なので仕方ないと思うかもしれません。
でも、抽象的な単語じゃなくても、
あんまり単語の意味はわからないけど、
その単語に多く触れあい、何度も聞き、自分でも使い、としているうちに
単語の意味をなんとなく知っていき、自然と自分のボキャブラリーの中に入っていた、
という経験は誰でもあるはず。

本を読んでいて、知らない単語が出てきて、
辞書で調べなくても、何回も出てくる単語なら、
「こういう意味か」と、自分の中に落とし込まれ、
知らず知らずのうちに、自分も日常会話で使っていたっていうやつもそうです。

このようなことを考えると、
僕たちが、ボキャブラーを増やす手段は、
一度しっかりと辞書で意味を確定させることではなく、
『その単語に多く触れ合う』ということなのだと感じていただけると思います。

そして、単語の意味が状況の中にあるということも理解しやすいのではないでしょうか。
だから、たとえ、意味があやふやでも、その単語が使われている環境に身を置く。
よく聞く。
自分も使う。
それが大事だと思います。

もし、海外のカフェで買い物をしたいと思っているのなら、
ユーチューブで、海外のカフェで買い物をしている動画をたくさん見れば良いのです。
カフェで使われている単語なんて限られています。
動画内で出てくる単語は似たり寄ったりなはずです。
違う人が多少違う環境で、似たような単語を使っている動画をたくさん見ることで、
単語や表現の理解度が大きく上昇するはずです。
同じような表現が100シーンで使われているのをみると
調べなくても自然と意味がわかってきます。

もちろん、辞書を引くことは良いことだとは思います。
でも、その単語を聞く機会を増やす。
自分でも使う。
この過程をしっかりと踏まないと、自分の中に落とし込めた単語として、
本当のボキャブラーとはならないということです。


人生の負け犬だった僕は、毎月300万円を売り上げてノマドになりました。

「仕事は我慢」
「いかに感情を押し殺すかのゲーム」
「月曜から金曜まで早く過ぎろと思って生きる」
「しょうもない時間を過ごす対価が給料」
「お金は人生を切り売りして稼ぐもの」
「憧れのライフスタイルは諦めなければいけない」

超保守的かつビビリの僕は、

 “他人の価値観” を上手く体現することが人生だと思っていました。

しかし、それは全くの間違いでした。

 

人生は単なる『選択』でしかなく、

思ってたよりも5,000倍は自由でした。

それでも会社員のままじゃ自由を享受できないし、理想のライフスタイルも実現できない。

だって、経済的に自立するだけでなく、

時間を生み出し、生きる場所を自由化するためには、

 “自分自身のビジネスシステム” を持つ必要があるからです。

 

そう気づけたおかげで、

今ではこうしてノマドライフが送ることができています。

もちろん、特に才能があったわけではありません。

むしろ文才は悲しいほどありませんでしたw

(ここだけの話、国語の成績は高校でブービー)

それでもノマドになれたのは目的に合った手段を常に選択してきたからです。

 

だからどんな人でも “適切な選択” と “正しい努力” さえ実践すれば、

経済的自立・場所の自由・時間の余裕を獲得できると確信しています。

僕がノマドになるまでの軌跡と行動理念は、下の記事に書きました。

5分で読めるのでぜひ読んでください↓

→ ただの大学生だった僕が、全くのゼロから経済的に自立し、場所も時間も自由なノマドになった軌跡

 

 

ブログ×SNSで
1,000万円以上を売り上げた

インフルエンサーでもない凡人が実践可能な
「情報発信の教科書」をあなたの元に!

 

あなたのLINEに
「情報発信の教科書」が届きます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 
(↑をクリック)

1 個のコメント