コンテンツマーケティングにおけるコンテンツ編集計画と管理編集者【チーム力を上げる】

※本ページの内容は主に企業やチームで活動しているマーケターに関係しますが、管理エディターという役職はなくとも個人のノマドワーカーやフリーランス・スモールビジネスの起業家の方は、その仕事を自分自身でいなければいけないということを考えると内容の把握は十分役に立つものになります。

コンテンツマーケティングを成功させるために様々なスキルが必要となりますが、コンテンツマーケティングを始めるにおいて全ての企業で大切にしなければいけない役割は『管理エディター(編集者)』です。

従来のマーケティングおよびソーシャルメディアのスキルは、マーケティングをキャンペーンベースからコンテンツ中心に転換しようとしている組織にとって確かに役立ちます。

しかし、チームには編集プランの要素を作成、管理、測定できる人も必要になります。

本記事では『編集計画を構築、実装、および実行するために必要なスキル』について紹介します。

 

全体を把握する『管理編集者(管理エディター)』

管理エディター(コンテンツマーケティングマネージャー)は、コンテンツマーケティングワークフローのあらゆる側面を管理する責任者です。

管理エディターは基本的には以下のようなプロセスや事柄に責任を負うべき立ち位置になります。

コンテンツアイデアと優先順位

いざコンテンツマーケティングを始めてみると、良いコンテンツアイデアを思いつくのが難しいことがあります。しかし、1度軌道に乗ってしまえば、思っていたよりも多くのアイデアが思いつき、実践可能な量以上になることに気づくでしょう。そこで、コンテンツ案として生み出されたものを把握し、整理した上で、コンテンツ作成の優先順位をつけていくスキルが必要がになります。

コンテンツの分類

管理編集者はコンテンツがカバーするトピック領域をグループ分けする必要があります。基本的にこのトピックの分類はコンテンツの優先順位付けに役立ちます。つまり、編集計画で範囲外のものがあれば、それを後回しにして、戦略的に価値のあるコンテンツを優先すべきということですね。また、この分類は、最終的にコンテンツを整理した時に、「何が機能していて、何が機能していないのか」を理解するのに役立ちます。

ライターを見つけて管理する能力

管理編集者は、コンテンツ計画において適したライターの配置を把握する必要があり、編集や発行の過程において導く必要があります。

コンテンツワークフローとスケジューリング

管理編集者の仕事の大部分は、全てのプロジェクトを順調に進め、アイデアから発信まで、さらにそれ以降も含めた全てのプロセスにおいて『円滑に物事を動かすこと』である。編集計画は、これら全てのプロセスのステップの概要を説明するものでなければならなりません。「誰が各コンテンツを担当するのか?」「コンテンツ作成を次のステップに進めるための責任とは何か?」 

基本的なSEOとソーシャルメディアの最適化を理解する

SEOはコンテンツマーケティングのほんの一部にすぎませんが、会社が公開するすべてのコンテンツがそのマーケティング目標に合わせて最適化されるように、管理編集者が基本を理解することが重要です。

編集能力

コンテンツ作成チームに複数のエディターとコピーライターがいる場合でさえ、管理エディターは発信するコンテンツ全体の品質と価値を管理します。ロジック、フロー、および構造の各部分を編集すること、さらにはコンテンツがブランド全体のストーリーや視点と確実に一致するようにする必要があります。

コンテンツの再利用

管理エディターの仕事の1つには、コンテンツ制作の効率を可能な限り維持することがあります(もちろん、品質に焦点を当てるのは言うまでもありませんが)。1回限りのコンテンツを作成するのではなく、重要な資産として再利用して価値とリーチの拡大を計画しておく必要があります。

効果測定

最後になりましたが、マーケティング上の重要なこととして、管理編集者として「何が機能していて、何が機能していないのか」を把握する必要があります。(どのトピックが共感を得ているかなど)もちろん、どんな計画にしろ、読み手の反応に合わせた実践ベースで調整が必要になるのは言うまでもありません。

 

NEXT TOPIC >>コンテンツマーケティングのデータトラッキング&効果を測定する方法

本記事は「Build a Successful Editorial Plan: Essential Skills Your Team Needs」をもとにokamotoの考察や経験を踏まえ、解説・作成した内容となっています。

 


人生の負け犬だった僕は、毎月300万円を売り上げてノマドになりました。

「仕事は我慢」
「いかに感情を押し殺すかのゲーム」
「月曜から金曜まで早く過ぎろと思って生きる」
「しょうもない時間を過ごす対価が給料」
「お金は人生を切り売りして稼ぐもの」
「憧れのライフスタイルは諦めなければいけない」

超保守的かつビビリの僕は、

 “他人の価値観” を上手く体現することが人生だと思っていました。

しかし、それは全くの間違いでした。

 

人生は単なる『選択』でしかなく、

思ってたよりも5,000倍は自由でした。

それでも会社員のままじゃ自由を享受できないし、理想のライフスタイルも実現できない。

だって、経済的に自立するだけでなく、

時間を生み出し、生きる場所を自由化するためには、

 “自分自身のビジネスシステム” を持つ必要があるからです。

 

そう気づけたおかげで、

今ではこうしてノマドライフが送ることができています。

もちろん、特に才能があったわけではありません。

むしろ文才は悲しいほどありませんでしたw

(ここだけの話、国語の成績は高校でブービー)

それでもノマドになれたのは目的に合った手段を常に選択してきたからです。

 

だからどんな人でも “適切な選択” と “正しい努力” さえ実践すれば、

経済的自立・場所の自由・時間の余裕を獲得できると確信しています。

僕がノマドになるまでの軌跡と行動理念は、下の記事に書きました。

5分で読めるのでぜひ読んでください↓

→ ただの大学生だった僕が、全くのゼロから経済的に自立し、場所も時間も自由なノマドになった軌跡

 

 

ブログ×SNSで
1,000万円以上を売り上げた

インフルエンサーでもない凡人が実践可能な
「情報発信の教科書」をあなたの元に!

 

あなたのLINEに
「情報発信の教科書」が届きます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 
(↑をクリック)