スマートニュースのアプリで超快適に英語記事を読む【カスタマイズ方法】

英字新聞って英語学習者なら買ってみたことがあるんじゃないでしょうか?
買ったことなくとも、挑戦してみたいという気持ちはあるんじゃないですかね。
英字新聞の有名ところで「The Japan Times」なんかはコンビニで気軽に買うことができます。

「今日から毎日、英字新聞を読もう」と決めても、だんだん読まなくなり、1週間も経つと買うだけになり、そのうちお金の無駄だと感じ、買わなくなる…このような経験がある人も多いんじゃないかなと思います。(もちおろん、僕もありますが)

英字新聞が続かない理由って、

1. 興味のある記事が少ない
2. 手軽に読めない

これらが原因じゃないかなと僕は考えているんですね。

しかし、現代は新聞からネット記事の時代となり、英語の記事も気軽に読めるようになりました。
というわけで、今回はその中でも特に英語記事を読むのにおすすめなアプリ「スマートニュース」を紹介したいと思います。

 

スマートニュースのアプリで超快適に英語記事を読む

スマートニュースのアプリで超快適に英語記事を読むためにカスタマイズする方法

「スマートニュース」というアプリは最近「千鳥」の2人がTVCMしていることで、すごく有名なニュースキュレーションアプリとなりましたね。このスマートニュースですが、英語で世界の記事も読むことができるって知っていましたか?

実は、気軽に英語のニュースを読むことができる英語学習に便利なアプリなんです。しかも無料で。
そこで、今回はスマートニュースを使って、お手軽に、そして、超快適に英語の記事が読めるようカスタマイズしていきたいと思います。

スマートニュース英語(海外のニュース)への変換方法

まず、スマートニュース (インストールはこちら) をインストールするとデフォルトが日本の記事で設定されています。そこで英語(海外のニュース)に変えてやります。

  1. 少し下にスクロールしてやると設定(⚙)が上に出てくるのでタップ。
  2. 「一般」の中の「各国版」から『アメリカ』もしくは『インターナショナル』を選択。
    (アメリカ目線か世界の記事かで選んで下さい。)
  3. 記事が英語となります。

 

 ①:設定
 ②−1:各国版
 ②−2:国選択
 ③:英語の記事

利点

スマートニュースで英語記事を読むメリットを紹介します。

  1. 興味のある記事が見つかる:英字新聞だと自分の好きじゃないジャンル、絶対読まない記事とかがあってちょっとテンション下がりますよね。でも、スマートニュースはジャンルが多く、(「スポーツ」「エンタメ」「世界」「ビジネス「テクノロジー」「サイエンス」「ライフスタイル」)自分の好きなジャンルの記事を見つけやすく、また不要なジャンルは表示から消すこともできます。自分の好きなジャンルだけの自分のニュースキュレーションにカスタマイズすることができます。
  2. 記事の長さ:英字新聞だと1記事が結構長くて心が折れたり、時間内に読みきれないこともありますが、ネット記事の文字数は記事によってバラバラで、短いものであれば一瞬で読み終わることができます。しかも、記事によってはアブストを載せてくれているものもあり、最悪時間がなければそれだけを読んだりもできます。

 

スマートニュースを英語学習モードにカスタマイズする

スマートニュースを英語学習モードにカスタマイズする

それでは、ここからは英語記事を読む時のスマートニュースの環境をより快適になるよう工夫していきましょう。

英語の辞書を入れる

記事を読み進めているとどうしても分からない単語が出てきます。そこでiPhoneの辞書の設定を「英語辞典」を使うのか「英日辞書」を使うのか設定しておきましょう。(アンドロイドはわからないです)

  1. テキトーに英語の記事を開いたら、長押しし、『調べる』を押します。
  2. 下にある『辞書を管理』を押します。
  3. 欲しい辞書を選択します。

 

 ①:『調べる』
 ②:『辞書の管理』
 ③:辞書を選択

『Social』を英語モードにする

これはスマートニュースのタブの中に『Social』というものがあります。『Social』をTwitterアカウントと連動しておくと、フォローしている人がツイートした (シェアした) ネット記事が一覧となって表示されます。たとえば英語学習者を多くフォローしてれば、彼らがシェアしてくれた記事が表示されるということです。

この利点としては、フォローした人が興味を持った記事(しかもおすすめということでシェアしているのだと思います)を簡単に見ることができるということです。フォローした人が興味を持ったということは自分も興味をもつ事が多いということで、一応設定しておくと良いかと思います。

以上が、スマートニュースで英語の記事をお手軽に超快適に読むための工夫でした。

英語の記事をよむのってなかなか続かないことだとは思います。
だからこそ、少しでも障壁は少ない方が良いと考えていて、そのために工夫できる所はしておくということですね。
というわけで、今回の内容は以上になります。

ぜひ、スマートニュースでこれまで挫折してきた英字新聞のリベンジを果たしてください。

今回も最後までお読み頂き有難うございます。

また、英語ノマドとして英語学習にオススメなアプリも他にも紹介しているので、スマホやタブレットでノマド的に英語を学習したい人はこちらも併せてお読みください。

TED Talkを使った英語学習アプリ『TEDICT』が秀逸すぎる!【使い方・機能を徹底解説】

2019年1月2日

英語で学べる学習雑誌・アプリ『 CNN ENGLISH EXPRESS』【大人の英語学習】

2018年12月30日

英語学習アプリ「スタディサプリ ENGLISH」は良いのか?【TOEIC初心者に鬼おすすめ】

2018年12月29日

質問・感想はこちらまで!
→連絡先:okamoto0712s@gmail.com

『 退学→浪人→不合格→ラボ畜→社畜 を経験した “人生の負け犬” が脱サラし、時間の切り売りから経済的自立に至るまでに学んだ自分のビジネスの作り方 』を配信しています。

 

okamoto運営メルマガ『人生ノマド化講座』
“負け犬が人生を軌道修正した方法” が分かる!購読無料です。

okamotoのメルマガ
↓登録はこちら↓

 

[配信内容]
〜地球が職場となるノマドビジネス構築〜

・ゼロから個人がノマドになるには?
・個人が実践すべき合理性のあるビジネスモデル
・人生の切り売りから脱するノマドライフ
・場所の自由、時間の余裕、経済的自立の獲得法
・個人のリスクを減らしたビジネス構築法
・凡人でも提供できる価値の生み出し方
・現社会で個人が情報発信すべき理由
・自己成長と他者貢献が一致した働き方・生き方
・成功する人と失敗する人の違い
・稼ぐ人の視点と稼げない人が陥る落とし穴
・年収1,000万円超を稼ぐビジネスの規模感
・インフルエンサーでない凡人のための集客術
・DRMに基づいたビジネス構築のはじめの一歩
・ビジネス構築のロードマップ的なやつ


人生の負け犬だった僕は、毎月300万円を売り上げてノマドになりました。

「仕事は我慢」
「いかに感情を押し殺すかのゲーム」
「月曜から金曜まで早く過ぎろと思って生きる」
「しょうもない時間を過ごす対価が給料」
「お金は人生を切り売りして稼ぐもの」
「憧れのライフスタイルは諦めなければいけない」

超保守的かつビビリの僕は、

 “他人の価値観” を上手く体現することが人生だと思っていました。

しかし、それは全くの間違いでした。

 

人生は単なる『選択』でしかなく、

思ってたよりも5,000倍は自由でした。

それでも会社員のままじゃ自由を享受できないし、理想のライフスタイルも実現できない。

だって、経済的に自立するだけでなく、

時間を生み出し、生きる場所を自由化するためには、

 “自分自身のビジネスシステム” を持つ必要があるからです。

 

そう気づけたおかげで、

今ではこうしてノマドライフが送ることができています。

もちろん、特に才能があったわけではありません。

むしろ文才は悲しいほどありませんでしたw

(ここだけの話、国語の成績は高校でブービー)

それでもノマドになれたのは目的に合った手段を常に選択してきたからです。

 

だからどんな人でも “適切な選択” と “正しい努力” さえ実践すれば、

経済的自立・場所の自由・時間の余裕を獲得できると確信しています。

僕がノマドになるまでの軌跡と行動理念は、下の記事に書きました。

5分で読めるのでぜひ読んでください↓

→ ただの大学生だった僕が、全くのゼロから経済的に自立し、場所も時間も自由なノマドになった軌跡