ノマドが時間的自由を勝ち取る方法【校長ヒマ理論】

こんにちは。okamotoです。

僕は学生の頃、予備校に通っていましたが、そこの校長はいつも暇そうに散歩ばかりしていました。

授業をすることもなければ、進路相談に乗ることもありません。

というか、受験については僕たちの方が詳しかったくらいです。

校長がやる事と言ったら、

ヤル気のない浪人生が近くのゲーセンで取ってきた景品を片付けることや、ストレスの溜まった学生が開けてしまった壁の穴を補修するくらい。

(田舎の予備校なんてこんなもんw)

僕も正直、

「このおっちゃんいつも暇そうやし、ここに存在する意味あるんか?」

「おれも、あのポジションがええなぁ」

と思っていました。

 

まぁ実際に、校長がいない時も多かったですw

 

何の役にも立ってなさそうな校長ですが、驚きの事実があったんです。

「なんとこの校長、この予備校で1番給料が高いんです。」

あたりまえですねw 校長ですから。

校長は、この予備校の経営者なわけですから、予備校が順調だったら1番儲かってる人間になるわけです。

その事実を知った僕は、

『この世界ではビジネスシステムを持っている人間が最強』

という真理を悟ってしまったんです。

 

一般に、ビジネスをするためには『ビジネスシステム』と『人材』が必要と言われています。

この場合、ビジネスシステムは “予備校” で、人材は “講師やチューター” に当たりますね。

この2つを持っているから、このおっちゃん(校長)は経済的にも、時間的にも、余裕のある暮らしができているわけです。

(もちろん、全ての予備校がそうだとは言っていません。が、ド田舎の二代目社長なんてこんなもんですw)

 

さて、僕が何を言いたいのかと言うと、

ノマドワーカーとして時間的にも自由になるためには、自分の『ビジネスシステム』を持たなければいけない、ということです。

確かにPC1台で働ける環境や仕事は増えてきました。

フリーランスやリモートワークという言葉もすっかりお馴染みですね。

そこで、働く場所が自由になってきた次のステージは “時間的自由の獲得” です。

そして、その手段が自分の『ビジネスシステム』を持つことなんです。

 

「でも、ビジネスのもう1つの要素 “人材” は?」

と思ったかもしれません。

 “人材” の代わりは『インターネットの仕組み』が担ってくれるんです。

あなたが構築した仕組みは、マンパワーの代わりに機能してくれるんです。

それがネットを使った働き方の強みでもあるわけですね。

 

簡単なところで、このブログも仕組みの1つになります。

今回の内容を1人1人に口頭で伝える必要はありません。

一度、ブログに書いてしまえば、それで終わり。

たくさんの人に読んでもらえるのです。

そんなレバレッジがインターネットにはあるのです。

 

僕も自分のシステムが無い時は、

どんだけインターネットで働いても時間的余裕は生まれませんでした。

自分が作業した分だけが収益化され、また来月も似たような作業を続けなければいけなかったのです。

時間的余裕が生まれたのは、自分だけのビジネスシステムの大切さに実感してからでした。

 

僕はよく言っています。

「お金は時間を切り売りすれば稼げます」

「お金持ちではなく、時間持ちになろう」

 

ノマドワーカーとして旅をしながら働いたり、

海外に旅行にでかけたり、

大切な人と優雅な時間を過ごしたり、

たとえそんな夢を描いていたとしても、

場所だけ自由では達成できません。

時間的にも余裕がなければならないのです。

 

時間的余裕を獲得するためには自分自身の『ビジネスシステム』を持つこと。

そのために、インターネット上に仕組みを構築していくこと。

これだけに注力すればいいんです。

『 退学→浪人→不合格→ラボ畜→社畜 を経験した “人生の負け犬” が脱サラし、時間の切り売りから経済的自立に至るまでに学んだ自分のビジネスの作り方 』を配信しています。

 

okamoto運営メルマガ『人生ノマド化講座』
“負け犬が人生を軌道修正した方法” が分かる!購読無料です。

okamotoのメルマガ
↓登録はこちら↓

 

[配信内容]
〜地球が職場となるノマドビジネス構築〜

・ゼロから個人がノマドになるには?
・個人が実践すべき合理性のあるビジネスモデル
・人生の切り売りから脱するノマドライフ
・場所の自由、時間の余裕、経済的自立の獲得法
・個人のリスクを減らしたビジネス構築法
・凡人でも提供できる価値の生み出し方
・現社会で個人が情報発信すべき理由
・自己成長と他者貢献が一致した働き方・生き方
・成功する人と失敗する人の違い
・稼ぐ人の視点と稼げない人が陥る落とし穴
・年収1,000万円超を稼ぐビジネスの規模感
・インフルエンサーでない凡人のための集客術
・DRMに基づいたビジネス構築のはじめの一歩
・ビジネス構築のロードマップ的なやつ


人生の負け犬だった僕は、毎月300万円を売り上げてノマドになりました。

「仕事は我慢」
「いかに感情を押し殺すかのゲーム」
「月曜から金曜まで早く過ぎろと思って生きる」
「しょうもない時間を過ごす対価が給料」
「お金は人生を切り売りして稼ぐもの」
「憧れのライフスタイルは諦めなければいけない」

超保守的かつビビリの僕は、

 “他人の価値観” を上手く体現することが人生だと思っていました。

しかし、それは全くの間違いでした。

 

人生は単なる『選択』でしかなく、

思ってたよりも5,000倍は自由でした。

それでも会社員のままじゃ自由を享受できないし、理想のライフスタイルも実現できない。

だって、経済的に自立するだけでなく、

時間を生み出し、生きる場所を自由化するためには、

 “自分自身のビジネスシステム” を持つ必要があるからです。

 

そう気づけたおかげで、

今ではこうしてノマドライフが送ることができています。

もちろん、特に才能があったわけではありません。

むしろ文才は悲しいほどありませんでしたw

(ここだけの話、国語の成績は高校でブービー)

それでもノマドになれたのは目的に合った手段を常に選択してきたからです。

 

だからどんな人でも “適切な選択” と “正しい努力” さえ実践すれば、

経済的自立・場所の自由・時間の余裕を獲得できると確信しています。

僕がノマドになるまでの軌跡と行動理念は、下の記事に書きました。

5分で読めるのでぜひ読んでください↓

→ ただの大学生だった僕が、全くのゼロから経済的に自立し、場所も時間も自由なノマドになった軌跡