ノマドをやっていたおかけで命を救えました【いのちだいじに】

こんにちは。okamotoです。

先日、実家に立ち寄った時のこと、

母が高熱を出したので、近くの町医者に連れていきました。

「インフルエンザの検査は陰性だけど、インフルの治りかけだろう」

という意味不明な診断をされ、風邪薬と葛根湯が処方されました。

その日の夜、風邪薬を飲んでも全く効かず、異常に苦しがっていたので、

次の日にまた病院に連れていくと『肺炎』を起こしていることが発覚しました。

その後、母は入院することになりましたが、

父は会社で働いており、母はタクシーを呼ぶ気力もなかったため、もし僕がその場にいなければかなり危険な状況でした。

ノマドワーカーではなく、東京で会社員を続けていれば、

この軌跡は起こらなかったどころか、一生悔やむことになったかもしれません。

 

僕はこの経験を機に、これまで以上に『場所が固定されている事はリスクでしかない』と強く言うようになりました。

それは人生を後悔しないためです。

 

『そもそもなぜ、人生で生きる場所を制限されなければいけないのか?』

なんとなくみんなそうしているから、では納得できません。

だって、こっちは一度しかない人生を生きているんですから。

大切な家族や仲間と、その時にしか経験できないかけがえのない時間を過ごすために生きているんです。

ましてや、災害の時は逃げられない、大切な人のピンチには駆けつけられない。

そんな不自由な一生で終えたくありません。

 

最近は、世界的疫病がきっかけとなり、働く場所の自由化が進んでいます。

ノマドワーカーやリモートワークという言葉もすっかり一般的になりましたね。

 

それ自体は嬉しく思っています。

思っていますが、まだまだ不十分です。

 

働く場所の自由化は、時間的余裕とセットじゃないと、その良さを発揮しないからです。

場所の自由

時間の余裕

この2つをセットにビジネスを構築していくことがノマドのポイントになるということです。

場所が自由でも仕事に追い込まれていては何もできません。

自分の行動や仕事にレバレッジをかけてくれる仕組み、自分ができないことを代わりにやってくれるシステムを持っていることが肝になってきます。

ノマドとしてビジネスを構築する時は、ぜひこの2つのポイントを抑えるようにしてください。


人生の負け犬だった僕は、毎月300万円を売り上げてノマドになりました。

「仕事は我慢」
「いかに感情を押し殺すかのゲーム」
「月曜から金曜まで早く過ぎろと思って生きる」
「しょうもない時間を過ごす対価が給料」
「お金は人生を切り売りして稼ぐもの」
「憧れのライフスタイルは諦めなければいけない」

超保守的かつビビリの僕は、

 “他人の価値観” を上手く体現することが人生だと思っていました。

しかし、それは全くの間違いでした。

 

人生は単なる『選択』でしかなく、

思ってたよりも5,000倍は自由でした。

それでも会社員のままじゃ自由を享受できないし、理想のライフスタイルも実現できない。

だって、経済的に自立するだけでなく、

時間を生み出し、生きる場所を自由化するためには、

 “自分自身のビジネスシステム” を持つ必要があるからです。

 

そう気づけたおかげで、

今ではこうしてノマドライフが送ることができています。

もちろん、特に才能があったわけではありません。

むしろ文才は悲しいほどありませんでしたw

(ここだけの話、国語の成績は高校でブービー)

それでもノマドになれたのは目的に合った手段を常に選択してきたからです。

 

だからどんな人でも “適切な選択” と “正しい努力” さえ実践すれば、

経済的自立・場所の自由・時間の余裕を獲得できると確信しています。

僕がノマドになるまでの軌跡と行動理念は、下の記事に書きました。

5分で読めるのでぜひ読んでください↓

→ ただの大学生だった僕が、全くのゼロから経済的に自立し、場所も時間も自由なノマドになった軌跡

 

 

ブログ×SNSで
1,000万円以上を売り上げた

インフルエンサーでもない凡人が実践可能な
「情報発信の教科書」をあなたの元に!

 

あなたのLINEに
「情報発信の教科書」が届きます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 
(↑をクリック)