1ページから始めるコンテンツマーケティングストラテジー【初心者必見】

本記事で紹介するのは、コンテンツマーケティングに限ったことではなく、方針が必要なすべての戦略に役立つちょっとしたテクニックです。

僕自身、戦略を立てる時はいつも実践していることなので、それをコンテンツマーケティングに落とし込んで説明していた「Simplify Your Content Marketing Strategy with a One-Page Plan」を抜粋し、少しオリジナルを加えながら、紹介します。

それでは「今回紹介するテクニックが何なのか?」と言うと

1ページに概略(流れ)をまとめる

というものです。

1ページプラン戦略は以下のように役立ちます。

  • コンテンツマーケティング戦略を明確にする
  • 幹部やクライアントからより強力なバイインをより迅速に獲得
  • コンテンツ制作者を戦略的に調整する

1ページから始めるコンテンツマーケティング

1ページから始めるコンテンツマーケティング

1ページ内でコンテンツマーケティング戦略を企てるポイントは「1年以内に達成する必要がある目標に焦点を当てる」です。

もちろん、その目標はビジネスによって異なります。

  • ビジネスの成長戦略
  • 収益成長目標(昨年のパーセントまたはドルの数字)
  • 利益目標(例:昨年の1株当たりのパーセントまたは金額)
  • 成長の達成方法(新製品の発売、既存顧客へのアドオン販売、新規市場、買収、新規顧客、市場シェアの増加など)
  • 組織の成長にとって重要なその他の要因または基準

これらの数値や基準がマーケティングにとっていかに重要であるかを考えると、マーケターは正確なビジネス目標を必ず設定しておく必要がありそうです。

ビジネス初期は、以下のような内容に注目し、プランを立てます。

1. 目的:来年、会社はどのような定性的な結果を達成する必要がありますか?
2. 目標:目標に向けた進捗状況を定量的に測定できていますか?

次に、中堅レベルのマーケティング、セールス、製品のリーダーと協力して、コンテンツマーケティング計画を簡略化し作成します。

コンテンツマーケティングが「会社が目標を達成するのにどのように役立つか?」

コンテンツマーケティングが役立つアイデアと役立たないアイデアがあります。コンテンツマーケティングが役立ちものは以下のようなものです。

3. 戦略:来年中にコンテンツマーケティングは、ビジネスの「質」に関して何を提供しますか? (例:新製品の紹介、認知度の向上、ソリューションの差別化の劇的な実現、より良い顧客体験の作成、社会的証明の提供)
4. 指標・メトリックス:コンテンツマーケティング戦略の達成度をどのように測定しますか?(例:一定の認知度増加率、ターゲットとなる見込み客への到達率、見込み客から販売パイプラインに一定の金額を寄付、一定の収益)

マーケティング戦略を立てる上で「収益目標」から目を背けてはいけません。

いくら認知度が上がろうと、ブログの訪問数が増えようと、収益に繋がらない場合はふつうにやる気がなくなります。そして、結果的に辞めてしまって(破産)、個人のノマドは「再就職でもしようかな」という気持ちになってきます。

これは、個人ノマドワーカー取るべき戦略として、ノマド初期は「水平展開」に力を入れるのではなく、「垂直展開」に焦点を当てるという話にも繋がります。

達成すべき定量化されたゴールを持つことでやる気が出ますが、ノルマはすべてのコンテンツマーケティング活動に明確な「終点」と「価値」をもたらします。

販売パイプライン、顧客獲得、および収益を測定しましょう。これらは、幹部が本当に気にする指標です。

 

1ページのコンテンツマーケティング戦略をチームで共有する

1ページのコンテンツマーケティング戦略をチームで共有する

個人のノマドワーカーも方針を見失わないように1ページの簡略化したマーケティング戦略は役立ちますが、最近は数人のチームのノマドも流行っています。

もし数人のチームで役割分担をしている場合は、ぜひチームでこの1ページ戦略を作成し、共有することで、コンテンツ作成者によるばらつきを抑えることができます。

社内やチームの人間だけでなく、フリーランサー、レポーター、ライター、デジタル、およびソーシャルメディアの専門家など1つのビジネスに関わる全ての人が、同じコンテンツマーケティング戦略に取り組む必要があります。

1ページの戦略は分厚い計画書よりも、日常的に使用することができ、余裕で役立つというメリットもあります。

 

1ページコンテンツマーケティングの「テンプレート」

1ページコンテンツマーケティングの「テンプレート」

Content Makething Instituteは、コンテンツマーケティング戦略のテンプレートを提示してくれています。

これらにより『どこに注目すればよいか』が分かりますので、参考にして自分独自の戦略を立ててみてください。

コンテンツマーケティング1ページプラン

Objectives:

  1. Increase revenue from product X over the next 12 months
  2. Position this disruptive new product as a viable alternative to (competitor’s product)

Goals:

  1. Increase revenue by X% to X% in 2017
  2. Build buyer awareness to XX%

Strategy:

  1. Become the best source of information on (customer problem or product category)
  2. Deliver useful information and thought-provoking insights
  3. Educate buyers on:
  • How to address key technology and business challenges
  • How to generate revenue, reduce expenses, and improve user experiences

Metrics:

  1. Increase website traffic +XX% year over year
  2. Convert XX% of website users (You may track soft conversions and/or hard conversions.)
  3. Add to the sales pipeline XXXX marketing-qualified leads per year, including $YY million in potential deals
  4. Generate revenue of $X million

Who we serve: Capsule version of buyer personas

What’s in it for buyers? Ideas to further buyers’ careers and their companies’ success

Topics: List topics where the company seeks to position its helpful content.

Serving sizes & frequencies

Time (to get message across) Words             Media

7 seconds                                23                    Headline, tweet, sound bite, cartoon (daily)

2 minutes                               400                  Web page, blog, news release, video, infographic (2X/week)

5 minutes                               1,000               Magazine article, contributed articles, long video (monthly)

20+ minutes                          4,000+           White paper, application note, e-book, speech, webinar (quarterly)

Calls to action

Soft: Watch a video; read blog, magazine article, or white paper

Hard: Enter demand funnel – read a gated white paper, sign up for a webinar, qualify at a trade show or event

 

本記事は「Simplify Your Content Marketing Strategy with a One-Page Plan」をもとにokamotoの考察や経験を踏まえ、解説・作成した内容です。

 

『 退学→浪人→不合格→ラボ畜→社畜 を経験した “人生の負け犬” が脱サラし、時間の切り売りから経済的自立に至るまでに学んだ自分のビジネスの作り方 』を配信しています。

 

okamoto運営メルマガ『人生ノマド化講座』
“負け犬が人生を軌道修正した方法” が分かる!購読無料です。

okamotoのメルマガ
↓登録はこちら↓

 

[配信内容]
〜地球が職場となるノマドビジネス構築〜

・ゼロから個人がノマドになるには?
・個人が実践すべき合理性のあるビジネスモデル
・人生の切り売りから脱するノマドライフ
・場所の自由、時間の余裕、経済的自立の獲得法
・個人のリスクを減らしたビジネス構築法
・凡人でも提供できる価値の生み出し方
・現社会で個人が情報発信すべき理由
・自己成長と他者貢献が一致した働き方・生き方
・成功する人と失敗する人の違い
・稼ぐ人の視点と稼げない人が陥る落とし穴
・年収1,000万円超を稼ぐビジネスの規模感
・インフルエンサーでない凡人のための集客術
・DRMに基づいたビジネス構築のはじめの一歩
・ビジネス構築のロードマップ的なやつ


人生の負け犬だった僕は、毎月300万円を売り上げてノマドになりました。

「仕事は我慢」
「いかに感情を押し殺すかのゲーム」
「月曜から金曜まで早く過ぎろと思って生きる」
「しょうもない時間を過ごす対価が給料」
「お金は人生を切り売りして稼ぐもの」
「憧れのライフスタイルは諦めなければいけない」

超保守的かつビビリの僕は、

 “他人の価値観” を上手く体現することが人生だと思っていました。

しかし、それは全くの間違いでした。

 

人生は単なる『選択』でしかなく、

思ってたよりも5,000倍は自由でした。

それでも会社員のままじゃ自由を享受できないし、理想のライフスタイルも実現できない。

だって、経済的に自立するだけでなく、

時間を生み出し、生きる場所を自由化するためには、

 “自分自身のビジネスシステム” を持つ必要があるからです。

 

そう気づけたおかげで、

今ではこうしてノマドライフが送ることができています。

もちろん、特に才能があったわけではありません。

むしろ文才は悲しいほどありませんでしたw

(ここだけの話、国語の成績は高校でブービー)

それでもノマドになれたのは目的に合った手段を常に選択してきたからです。

 

だからどんな人でも “適切な選択” と “正しい努力” さえ実践すれば、

経済的自立・場所の自由・時間の余裕を獲得できると確信しています。

僕がノマドになるまでの軌跡と行動理念は、下の記事に書きました。

5分で読めるのでぜひ読んでください↓

→ ただの大学生だった僕が、全くのゼロから経済的に自立し、場所も時間も自由なノマドになった軌跡