「初心者の私でも稼げますか?」の質問に答えました。

「初心者の私でも稼げますか?」

「今までに発信したことないけど、それでも大丈夫ですか?」

「何かを発信できるほど沢山の知識を持ってません。」

「文字を書くの苦手やけど、できるかな?」

よく、LINE@やリプなどで、
このような質問をいただきます。

 

この類の質問に対する、
僕の答えは決まっています。

「今のレベルで成功しようとするのはやめましょう」

です。

 

ポケモンも、ドラクエも、FFも、テイルズも、
最初のレベルで全クリできるものはありません。

レベルアップして、成功してやりましょう!
それしか言えません。

残念ながら、今の段階で、
あなたが成功するか、成功しないか
を判断できることは僕にはできません。

 

それは、

勉強するかしないか分からない子供に、

「僕って東大に合格できる?」

と聞かれても、

「知らんがな!自分次第やん!」

となるのと同じですw

 

今の学力では東大に落ちるのと同様に、
今のままでは成功しないかもしれません。

だから、
勉強して、行動して、インプットして、アウトプットして、レベルアップするんです。

大事なポイントは、
始めたばかりの頃は “誰でも初心者” であって、

無知の状態で稼げる人はいない、ということです。

 

何事にも「初めて」は存在します。
みんな初心者からのスタートです。

それなのに、
今自分が稼げていないからと言って、

「今、稼いでいるあの人は、
きっと大人になる過程で、
何か特別な教育を受けんだ!」

と思いたがってはいけません。

もしくは、
突然変異種か、
才能が開花した天才か、
親の七光りか. . .。

 

ですが実際は、
あなたと同じ所からスタートして、
コツコツと積み上げていっただけなのです。

 

初心者のままでは稼げない。
じゃあどうするか?

レベルアップするしかありません。

 

勉強して、行動して、経験を積んで
いち早く初心者を卒業すればいいんです。

知識がないなら身につける。

文章が苦手なら練習する。

ちなみに、
僕も絶望的な文章力からのスタートなので、
練習もせずに諦めている人を見ると、
残念な気持ちになります。

だって、
大人が必死になって練習すれば、
大抵の必要なスキルは後天的に身につくからです。
合格ラインは超えることができるのです。

 

何かを始めるのに、
遅すぎることなんてありません!

っと、言いたいところですが!!!!!

残念ながら、

『人生が有限である限り、
遅すぎるってことは普通に存在します!』

 

遅すぎることなんてない、なんて嘘です。
耳障りのよい綺麗事です。

余裕で遅すぎることがあるからこそ、
残りの人生で一番若い今、行動し始めるのです。
今すぐにです。

大学受験なら受験日が決まっていますが、
ビジネス構築は期限がありません。

だから間延びしてしまいがちですが、
そのまま人生を終えてしまうのも嫌ですよね?

やれることから始めることです。

『 退学→浪人→不合格→ラボ畜→社畜 を経験した “人生の負け犬” が脱サラし、時間の切り売りから経済的自立に至るまでに学んだ自分のビジネスの作り方 』を配信しています。

 

okamoto運営メルマガ『人生ノマド化講座』
“負け犬が人生を軌道修正した方法” が分かる!購読無料です。

okamotoのメルマガ
↓登録はこちら↓

 

[配信内容]
〜地球が職場となるノマドビジネス構築〜

・ゼロから個人がノマドになるには?
・個人が実践すべき合理性のあるビジネスモデル
・人生の切り売りから脱するノマドライフ
・場所の自由、時間の余裕、経済的自立の獲得法
・個人のリスクを減らしたビジネス構築法
・凡人でも提供できる価値の生み出し方
・現社会で個人が情報発信すべき理由
・自己成長と他者貢献が一致した働き方・生き方
・成功する人と失敗する人の違い
・稼ぐ人の視点と稼げない人が陥る落とし穴
・年収1,000万円超を稼ぐビジネスの規模感
・インフルエンサーでない凡人のための集客術
・DRMに基づいたビジネス構築のはじめの一歩
・ビジネス構築のロードマップ的なやつ


人生の負け犬だった僕は、毎月300万円を売り上げてノマドになりました。

「仕事は我慢」
「いかに感情を押し殺すかのゲーム」
「月曜から金曜まで早く過ぎろと思って生きる」
「しょうもない時間を過ごす対価が給料」
「お金は人生を切り売りして稼ぐもの」
「憧れのライフスタイルは諦めなければいけない」

超保守的かつビビリの僕は、

 “他人の価値観” を上手く体現することが人生だと思っていました。

しかし、それは全くの間違いでした。

 

人生は単なる『選択』でしかなく、

思ってたよりも5,000倍は自由でした。

それでも会社員のままじゃ自由を享受できないし、理想のライフスタイルも実現できない。

だって、経済的に自立するだけでなく、

時間を生み出し、生きる場所を自由化するためには、

 “自分自身のビジネスシステム” を持つ必要があるからです。

 

そう気づけたおかげで、

今ではこうしてノマドライフが送ることができています。

もちろん、特に才能があったわけではありません。

むしろ文才は悲しいほどありませんでしたw

(ここだけの話、国語の成績は高校でブービー)

それでもノマドになれたのは目的に合った手段を常に選択してきたからです。

 

だからどんな人でも “適切な選択” と “正しい努力” さえ実践すれば、

経済的自立・場所の自由・時間の余裕を獲得できると確信しています。

僕がノマドになるまでの軌跡と行動理念は、下の記事に書きました。

5分で読めるのでぜひ読んでください↓

→ ただの大学生だった僕が、全くのゼロから経済的に自立し、場所も時間も自由なノマドになった軌跡